熊本のお食事と音楽を楽しめるお店 LIVE & DINING 酔ing -Swing-

LIVE&DINING BAR 酔ing-Swing-
スペシャルライブ情報
ライブスケジュール
イベント企画その他
最新情報ブログ
お店ご案内



Google Map
グーグル地図


 酔ing スケジュール # Live 20:30〜 21:30〜 22:30〜 (3ステージ)
(日曜定休、Liveの無い日の22:00以降、またはLive終了後はステージを開放しております)

■Special Live ■Live ■Open ■Close 
 2019年 
 1月 
 2月 
 3月 
 4月 
 5月 
 6月 
 7月 
 8月 
 9月 
 10月 
 11月 
 12月 
1
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
2
20:00〜
"Jazz In Kumamoto Presents Special Live" Keiko Lee(Vo) 野力奏一(P) Duo 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 6,500yen(1Drink付) [Jazz][special]
3
19:00〜
"Special Live" 吉永邦幸(Gt) 森内良子(P) 荒木卓也(B) 武本強志(Ds) Charge 2,000yen 18:30〜Open/19:00〜Start ※要オーダー [Jazz][special]
4
臨時休業
5
臨時休業
6
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
7
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
8
20:30〜
"酔ing Jam Session Day" 渡辺隆介(Gt) Trio, 荒木卓也(B) 亀井俊児(Ds) Charge 1,500yen ※要オーダー [Weekend Jazz][3セット]
9
20:00〜
吉永タツヤ(Gt) Hey!Say! Quartet, 藤井木ノ実(P) Nana(B) Lisa(Ds) Charge 2,000yen/1,500yen(学割) ※要オーダー [Jazz][2セット][event]
10
山口晶子 ピアノ教室発表会 [Classic][event] ※貸切
11
臨時休業
12
20:00〜
"Special Live" 小島のり子(Fl) 中田由美(P) Duo Guest;古荘昇龍(B) Charge 4,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
13
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
14
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
15
20:30〜
中田 博(Ts) Trio, 森内良子(P) 森本克明(B) Charge 1,500yen [Weekend Jazz][3セット]
16
20:00〜
橋本祐二(Ts) Birthday Live! 野村 綾(P) 吉永タツヤ(Gt) ナナ(B) 武石想史(Ds) Guest; 園田智子(P) 19:30〜Open/20:00〜Start Charge 2,000yen ※要オーダー [Jazz][2セット][event]
17
臨時休業
18
臨時休業
19
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
20
20:00〜
"Special Live" 久保田 浩(P) Trio, 古荘昇龍(B) 上村計一郎(Ds) Charge 2,800yen(前売)/3,300yen(当日) [Jazz][special]
21春分の日
19:00〜
"Special Live & Session" 渡辺隆介(Gt) 園田智子(P) 荒木卓也(B) 古荘昇龍(B) 木村好来(Ds) 舛屋良平(Ts) 18:30〜Open/19:00〜Start Charge 2,000yen ※要オーダー [Jazz]
22
20:30〜
"Live &Session" 池福 大(Cl) Yanagi(P) Duo Charge 1,000yen ※要オーダー [Weekend Jazz][3セット]
23
20:00〜
"SOC Quartet With 園田雄也" 武石想史(Ds) 園田雄也(Vo) 田上ショータ(Tp) 野村 綾(P) Nancy(B) Charge 1,500yen ※要オーダー [Jazz][2セット][event]
24
20:00〜
"EJ FACTOR" 池上栄次郎(B) 前田慎弥(Gt) 宗正恭平(key) 野田雅仁(Ds) Charge 2,500yen ※要オーダー [Pops/Jazz][event]
25
20:00〜
"Special Live" 多田誠司(As,Fl) 菅原高志(Ds) 園田智子(P) 高橋 陸(B) Charge 4,500yen [Jazz][special]
26
20:00〜
"Special Live" 多田誠司(As,Fl) 菅原高志(Ds) 園田智子(P) 高橋 陸(B) Charge 4,500yen [Jazz][special]
27
19:30〜
通常営業Table Charge 700yen
28
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
29
20:00〜
才荷明子(Vo) Miki Lisa(P) Duo Charge 1,500yen [Weekend Jazz/Pops]
30
20:00〜
"3周年記念☆村島かおり ピアノトリオ" 村島かおり(P) 児玉康成(B) 野田雅仁(Ds) 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,500yen(1Drink付) ※要オーダー [Jazz][2セット][event]
31
20:00〜
"酔ing Sunday Session" 中田 博(Ts) 明日正就(B) 有田正博(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッションStart Charge 1,000yen ※要オーダー


2019年3月2日(土) 
 
20:00〜 "Jazz In Kumamoto Presents Special Live" Keiko Lee(Vo) 野力奏一(P) Duo 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 6,500yen(1Drink付) [Jazz][special]
ケイコ・リー / Keiko Lee

95 年のデビュー作『イマジン』以来、ライヴ盤、ベスト盤を含む 23 枚のアルバムをはじ め、多くの作品をリリースしている。
存在感のあるヴォーカル・スタイルとディープ・ヴ ォイスが評判を呼び、共演したミュージシャンから「楽器と対等に渡り合える歌手」と絶賛され、
その即興性と瞬発力にすぐれたパフォーマンスの評価は高い。
01年、日産 ステージアCMソング『ウィ・ウィル・ロック・ユー』の大ヒットで幅広いファンを獲得。
翌年に発表したベスト・アルバム『ヴォイセズ』は累計 25 万枚のヒット作となった
03年、 スイングジャーナル誌主催「日本ジャズメン読者人気投票」では女性ヴォーカル部門 の第 1 位(13年連続/通算15回)に加え、
総合部門の頂点でもある「ジャズマン・オ ブ・ザ・イヤー」「アルバム・オブ・ザ・イヤー」の三冠の快挙を達成。
アルバムデビュー 10周年を迎えた05年には、長年の活動を支えてきたファンの声を反映したベスト盤、 『ヴォイセズ・アゲイン』をリリース。
12 年、国内外5人の男性ヴォーカリストとのデュエットで話題となった『ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ2』をリリース
その 他 CM 楽曲、TV ドラマ主題歌などオリジナルの作曲にも定評があり、
また多重録音の ヴォーカル・アレンジも自ら手掛ける等、多方面にて多彩な才能を発揮している。そして国内はもとより香港・台湾・韓国などアジア地域でも人気を博し、セールスも好調。
実力・人気ともに No.1 ジャズ・ ヴォーカリストとして国内外でその地位を確立している。
2015年レコードデビュー20周年を迎え、記念アルバム『LOVE XX』を11月4日に発 売。
生誕100周年を迎えたビリー・ホリデイとのヴァーチャル・デュエットも収録され話 題に
このアルバムはジャズ・ジャパン・アワード2015「アルバム・オブ・ザ・イヤー 《ヴォーカル部門》」を受賞。
2017年9月、日本の名曲を歌い上げたカバーアルバム 『タイムレス』 を発売。



野力 奏一
Piano/ Keyboard/ Synthesizer Player
Composer/ Arranger

1957年10月20日生まれ。
幼少よりクラシックピアノを学び、その後マイルス、コルトレーン等を聴きジャズにのめり込むようになる。
1974年に父親の持っていたフルバンドに参加。
1977年に上京、ジョージ川口バンド等でセッションを重ねる。
1980年、本多俊之バーニングウェイブ、山下達郎ツアーに参加。1983年、自己のバンド「NORIKI」を結成、アルバムも発表。
以降、渡辺貞夫、日野皓正グループのメンバーとして国内外のツアーに参加。
阿川泰子、伊藤君子、チャリート等数多くのアーティストのアルバムにピアニスト、アレンジャーとして参加。
また森田芳光監督の「キッチン」「おいしい結婚」「ハル」等の映画音楽を担当。
その後、鈴木良雄「Bass Talk」、松木恒秀「What Is HIP?」、大野俊三バンド、ケイコリーバンドのピアニスト、アレンジャー、音楽監督としてアルバム、ツアー等で活動、現在に至る。
 
▲top
2019年3月3日(日) 
 
19:00〜 "Special Live" 吉永邦幸(Gt) 森内良子(P) 荒木卓也(B) 武本強志(Ds) Charge 2,000yen 18:30〜Open/19:00〜Start ※要オーダー [Jazz][special]
16歳よりギターを始める。
高校卒業後、福岡の音楽学校に進学し、Rock,Pops等、様々なジャンルの基礎を学ぶ。
在学中に、アメリカ(LosAngeles)に行き、ワークショップ等を受講。
2003年 オリジナルバンド『Jyu'z』を結成。バンドマスターを務め、
翌年2004年 TBS R&C よりCDデビュー。
国際ロータリークラブに演奏者として招かれ、大阪国際会議場にて演奏。
バンド脱退後、ジャズギタリストに転向、活動を始める。
ジャズギタリスト 中川正浩氏に師事。
TULLY'S COFFEEにて毎月定演を行うなど、ジャズスポット以外での演奏活動にも力を入れ、
ジャズの魅力を伝える活動にも尽力。
福岡の『中洲JAZZ』や熊本の『Street Art-Plex』等のジャズフェスにも多く出演。
ジャズスポット、ホテル、カフェ、バー、ウエディング、ショッピングモール、
各種イベント、etc...場所を問わず演奏。
ギターレッスンの講師も務める。
モダンジャズの起源でもあるビバップスタイルを基とした、
正統派にして希少なプレイスタイルのジャズギタリストとして活動中。
 
▲top
2019年3月8日(金) 
 
20:30〜 "酔ing Jam Session Day" 渡辺隆介(Gt) Trio, 荒木卓也(B) 亀井俊児(Ds) Charge 1,500yen ※要オーダー [Weekend Jazz][3セット]
楽器の方、ボーカルの方、ご参加をお待ちしております。
リスナーさんも大歓迎です!
 
▲top
2019年3月12日(火) 
 
20:00〜 "Special Live" 小島のり子(Fl) 中田由美(P) Duo Guest;古荘昇龍(B) Charge 4,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
小島のり子
大学在学中にジャズに興味をもち、大学と掛け持ちで武蔵野音楽院に入学。
柳原淑乃氏に師事。実技、学典、理論、作曲等を学ぶ。
また、早稲田大学モダンジャズ研究会および東京工業大学ロスガラチェロスに所属。
卒業後、大友義雄氏、井上淑彦氏、渡辺博彦氏に師事。
数多くのミュージシャンとの交流を持ち、ライブを中心とした演奏活動をおこなっている。
フルートの持つ木管の暖かさ、透明感、伸びやかな音の広がりを大切にしつつも、
そこにジャズならではのグルーヴ感と力強さを併せ持つごきげんなプレイが持ち味。
メロディアスなフルートは、伸びやかに、風のように駆け上り飛翔する。
ブラジル音楽のミュージシャンとの交流も深く、ボサノバ、現代ブラジル音楽からもエッセンスを取り入れて演奏している。
近年はスタンダードジャズの名曲をジャズフルートの音色やタッチを活かしてアレンジし、新たなレパートリーとしている。
オリジナル曲も多彩、2005年よりサケオフィス・テラダの企画で居酒屋ライヴ開始。
名酒シリーズのオリジナル曲と名酒のコラボレーション・ライブを展開中。
童謡やポップスなど親しみやすいメロディーをジャズ・アレンジしたレパートリーも、好評を博している。
メロディーセンス、サウンドセンスの良さで、ヴォーカリストからの共演依頼も多い。
またバスフルート、アルト・フルートやピッコロで奏されるJAZZも独特の味わいを持つ。
 
▲top
2019年3月20日(水) 
 
20:00〜 "Special Live" 久保田 浩(P) Trio, 古荘昇龍(B) 上村計一郎(Ds) Charge 2,800yen(前売)/3,300yen(当日) [Jazz][special]
久保田浩

1965年10月10日生 北九州市八幡出身

 6歳からヤマハ音楽教室に通い始める。9歳から14歳までエレクトーンを習う。
高校2年時にオルガンのジミー・スミスをラジオで聴き、ジャズに興味を持ち始める。
東京理科大学へ進学し、ジャズ研に入部。1年間オルガンを弾き、その後ピアノに転向。
在学中、法政大学のビッグバンドにも参加。大学卒業後ゲームのセガへ入社。
会社で働くかたわらアマチュアバンド等でライブを行う。
4年10ヶ月で退職、ライブ活動を始める。
 2003年7月、病気等の諸事情により実家の北九州へ帰郷。
自宅療養しながら地元で少しづつ活動を再開。関東在住ミュージシャンからの共演要請も多く(TOKU、akikoはデビュー前からの知人)、
現在、障害を持ちながらも北九州を中心に九州や中国地方で活動中。
 日本人では黒人の感覚をもった数少ないピアニストである。
オーソドックスなものからフリーに近いようなものまで自分のスタイルで幅広く演奏。
また、ボーカルの伴奏にも定評がある。
 
▲top
2019年3月24日(日) 
 
20:00〜 "EJ FACTOR" 池上栄次郎(B) 前田慎弥(Gt) 宗正恭平(key) 野田雅仁(Ds) Charge 2,500yen ※要オーダー [Pops/Jazz][event]
池上栄次郎 Profile
高校卒業後、福岡の音楽スクールで丹羽肇氏、川崎哲平氏に師事。
19歳の時にマーカスミラーを聞いてジャズ、フュージョンへ関心を持つ。
以降はジャズビッグバンドR&B、フュージョン、ポップスなどをプレイ。
現在は自身のリーダーバンド・EJ FACTOR、ピアノデュオ・racineや様々なアーティストのサポート演奏で活動中。GOOD FEEL Music School ベース講師。 
 
▲top
2019年3月25日(月) 
 
20:00〜 "Special Live" 多田誠司(As,Fl) 菅原高志(Ds) 園田智子(P) 高橋 陸(B) Charge 4,500yen [Jazz][special]
多田誠司プロフィール
1960年、香川県高松市生まれ。
香川大学付属高松中学、高松高校を通じて吹奏楽部でFluteおよび指揮者を担当する。
岡山大学入学と同時にJAZZ研究会に入部。20才の時AltoSaxに転向する。
大学卒業後、就職のため地元に帰り、セミプロの立場で中四国・京阪神のライブハウスで活動するが、JAZZへの情熱を捨て切れず、1988年上京。
都内ライブハウスで活動を開始する。
1990年に村田浩(Tp)&The BOP BANDに参加。
1992年にCD『The Blues Walk』にて全面的にフィーチャーされ、一躍脚光を浴びる。
1993年末には、キングレコード主催、日本の若手ミュージシャン達による『日本ジャズ維新ジャム』のレコーディングにも参加。
その情熱あふれるプレイで多くのファンを獲得する。
1994年10月にはドラムの猪俣猛氏の『Japan Just Jazz All Stars』の一員として国際交流基金主催のメキシコ公演に参加、大成功を収める。
また、1995年7月には転職情報誌「Be-ing」にその脱サラ人生が大きく取り上げられる。
1996年3月には大西順子(P)QUINTETの一員としてBLUENOTE東京・福岡・大阪の3週間にわたるツアーに参加。Marcus Belgrave(Tp),Rodney Whitaker(B)らと共演し交流を深める。
また1997年5月にもJAZZWORKSHOPの一員として二年連続でBLUENOTE公演に参加。
さらに高い評価を得る。
1997年6月、待望の初リーダー作『THE GIG』を東芝EMIより発売。
SWINGJOURNAL誌主催、97年度「日本ジャズ賞」部門で第三位に入るなど、各方面より絶賛される。
98年4月には来日中のBranford Marsalisがこのアルバムを絶賛し、BLUENOTE東京にて共演するチャンスにも恵まれた。
99年8月にSLASH!のデビューアルバム「SLASH!」をEWEよりリリース、高い評価を得る。
また世界的トランペッター日野皓正に認められ1999年から2009年まで彼のグループにレギュラーメンバーとして参加。
国際交流基金主催のインド・パキスタン公演をはじめとしてラオス・カンボジア・韓国・上海などアジア諸国で公演。
2005,2009年には佐藤允彦SAIFAの一員としてMoers Jazz Festival、North Sea Jazz Festivalに参加するなど海外でも数多く活動する。
2006年にはYamaha Jazz FestivalでPhil Woods Big Bandの一員として参加。
その後彼の日本ツアー最終日にシットインするなど、亡くなるまで親交を深めた。
2011,2013年には富士通コンコードジャズフェスティバルツアーに参加。
特に2013年は日本人としてただ一人参加し、伝説のアルト、Charles McPhersonとのバトルで共演を果たすなど、世界の一流アーティストとの共演も多数。
2000年11月に自己のリーダーバンド「the MOST」を結成。
2001年にCD「much,more,the MOST」でデビュー、高い評価を得る。
以来、「FORCE」「Because of you」「re:mark」「Luminescence」「True Courage」をリリース。
結成十周年記念コンサートを行うなどした後、2013年12月を以て活動休止を発表する。
2011年に結成したリーダーバンド「God Hands QUARTET」(鈴木央紹ts,井上陽介b,江藤良人ds)でも2013年4月にデビュー作「GH4」をリリース。
2014年には異色のフリージャズピアニスト、スガダイローとのデュオアルバム「We See!!」を発表し話題を呼ぶ。
2017年にも第二弾「残照〜Live at Pit inn」をリリースする。
2014年からは若手トップミュージシャンたちのユニット、Oaky(宮川純org,横山和明ds)を結成。
2016年6月にデビューアルバム「Oaky-Dokey !!」をリリース(ゲスト井上銘g)するなど、若手ミュージシャンの育成にも力を入れている。
2017年には初のNYレコーディングを敢行。
リニー・ロスネスp,ピーター・ワシントンb,ケニー・ワシントンdsという現代最高のリズムセクションとのレコーディングを果たし、2018年3月にCD「Workout!!」としてリリースする。
また自己のグループでNHK-FM「セッション’97、’98、505、2012、2016」に出演。
また2001年10月にはNHK-BS日蘭ジャズ週間に参加、オランダ人ジャズメンとの共演が放映されるなどTV・ラジオ等への出演も多数。
教則本等も、超絶アルトサックス、超絶アルトサックス ザ・スコア、最強のアドリブメーカー、超絶アルトサックス DVD、Jazz sax start guide、など多数出版しており好評を博している。
現在リーダーバンドとして「Oaky」「多田誠司Workout Quartet」「We Three Kings」「Taurus」を率いる他、
スガダイローpとのデュオ、松本茜pとのデュオ、香取良彦Jazz Orchestra など多方面で活動中。
また、教育活動にも力を入れていて、2005年からは世田谷区の中学生を対象としたドリームジャズバンド(校長:日野皓正)の指導、
2007年からは大阪市の50才以上を対象としたHe Knows Orchestraの指導、
2013年6月からはYAMAHAの協力で船橋にアマチュアビッグバンド、フォレストシティビッグバンドを創設し、指導を行うなど、
精力的にアマチュアミュージシャンたちの指導を行っている。
また、2012年から仙台市定禅寺ストリートジャズでYAMAHA Swing Carnivalのファシリテーターとして100人以上に上る参加者のまとめ役を務める。
また、洗足音楽大学および飯田ジャズスクール、Da Capoで講師として教鞭をとる。
2013年、地元高松市観光大使を拝命。
 
▲top
2019年3月26日(火) 
 
20:00〜 "Special Live" 多田誠司(As,Fl) 菅原高志(Ds) 園田智子(P) 高橋 陸(B) Charge 4,500yen [Jazz][special]
菅原高志(すがわらたかし)
1976年5月5日福岡県生まれ。
二十歳よりフリーのドラマーとして活動を行い、全国各地のライブハウスやイベントに出演し活躍している。
山下洋輔(p)辛島文雄(p)川嶋哲郎(ts)福田重男(p)多田誠司(as)岡崎好朗(tp)松島啓之(tp)竹内直(ts)
村田浩(tp)大森明(ts)井上淑彦(ts) 中川英二郎(tb)岡崎正典(ts)池田篤(as)MALUTA(as)TOKU(vo. Fl)
Nat Reeves (bass)Norman Simmons(p)Bruce Barth(p)Randy Johnston(gt)
各氏、その他多数のミュージシャンとの共演を通じて、高い評価を得ている。
2001年には「NHKセッション505」に出演。同年より川嶋哲郎氏との全国ツアーに参加。
2003年多田誠司(sax)氏のツアーに参加。2007年よりRandy Johnston氏とのスプリング・ツアーを開始。
同年6月に渡米、N.Y.のジャズクラブ「Cachaca」にてNat Reeves (bass)と共演。Kenny Washington氏に師事。
2009年より東京・神田のジャズクラブTOKYO TUC「第二次ジャズ維新」プロジェクトの企画、出演。
同年、川嶋哲郎氏をフューチャリングした初のリーダーアルバム「Departure」(CMS)を発表。
2010年には川嶋哲郎氏によるアルバム「Days of Bird」(ポニーキャニオン)に参加。
 
▲top
2019年3月30日(土) 
 
20:00〜 "3周年記念☆村島かおり ピアノトリオ" 村島かおり(P) 児玉康成(B) 野田雅仁(Ds) 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,500yen(1Drink付) ※要オーダー [Jazz][2セット][event]
村島 かおり 福岡女子短期大学音楽科ピアノ器楽学科ピアノ専攻卒業 短大在学中にスペインを聴いてジャズの勉強を始める。
2011年★Jazzユニット群像楽団(ギターとピアノ)を結成し活動を始める。
2012年★ファーストアルバム「イニシエーション」をリリース Jazzピアノの巨匠(故)辛島文雄氏の熊本公演オープニングアクトを務める。
山下洋輔プロデュース、フルーティストmiyaとの共演。
2016年★熊本JazzOpenストリートアートプレックス「村島かおりピアノトリオ」出演 現在、ジャンルを問わず幅広く精力的に演奏活動を行っている。


児玉康成 1969年生 大分市出身 ★「PRISM」和田アキラ氏の福岡公演 ★「大沢聡 & Red Zone Company」 国内及び中華人民共和国、韓国ソウルツアー参加
★元「H2O」中沢けんじ氏 アルバム「35」レコーディング及びコンサート出演 ★「カワムラバンド」東北、北陸、高知、沖縄ツアー参加。
★胡弓奏者 楊藝(ヤン・イー)氏の福岡市民会館、アクロス福岡公演に毎年参加。
他、多数の著名アーティストのサポート、レコーディングなど。 NHKテレビドラマ俳優の演奏指導経験もあり。


野田雅仁 中学時代に、音楽の先生の影響で、独学でドラムを始める。
高校卒業後、福岡スクールオブミュージック専門学校に入学。
POPS、ROCK、JAZZ、R&B、FUSION、など様々なスタイルを学び、在学中からプロとして演奏活動を行なう。
卒業後は、メジャーアーティストのバックバンド、ミュージカルのバックバンド、ハウスバンド、レコーディングなど様々な活動を行ない、九州一円で活動中。
 
▲top