熊本のお食事と音楽を楽しめるお店 LIVE & DINING 酔ing -Swing-

LIVE&DINING BAR 酔ing-Swing-
スペシャルライブ情報
ライブスケジュール
イベント企画その他
最新情報ブログ
お店ご案内



Google Map
グーグル地図


 酔ing スケジュール # Live 20:30〜 21:30〜 22:30〜 (3ステージ)
(日曜定休、Liveの無い日の22:00以降、またはLive終了後はステージを開放しております)

■Special Live ■Live ■Open ■Close 
 2017年 
 1月 
 2月 
 3月 
 4月 
 5月 
 6月 
 7月 
 8月 
 9月 
 10月 
 11月 
 12月 
1
通常営業 Table Charge 700yen
2
20:30〜
"Jazz Vocal Showcase" 吉村春美(Vo) 坂井美佳(Vo) 野本秀一(P) Charge 1,500yen [Jazz][3セット} 
3
20:00〜
"Kim Jazz Quintet" 木村准治(As) 田上ショータ(Tp) 野村 綾(P) 荒木卓也(B) 武石想史(Ds) 20:00〜Start Charge 1,500yen ※要オーダー [Jazz][2セット][event]
4
18:00〜0:00
通常営業 Table Charge 700yen
5
臨時休業
6
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
7
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
8
20:00〜
菅原高志(Ds) 高橋佑成(P)牧山羽留奈(B) 20:00〜Start Charge 4,500yen ※要オーダー [Jazz][event]
9
19:30〜
"JAZZ IN 熊本 Presents Special Live" 板橋文夫(P) 林 栄一(As) 瀬尾高志(B) レオナ(Tap Dance)18:30〜Open/19:30〜Start Charge 5,000yen(1drink付)[Jazz][special]
10
20:00〜
『内田浩誠 Jazzを語り Jazzを奏す 』 内田浩誠(P) なな(B) 尾方隆子(Vo) Charge 3,000yen(一般)/2,000yen(学生) [Jazz][event]
11
19:00〜
"Special Live" 内田浩誠(P) 古荘昇龍(B) 19:00〜Start Charge 3,000yen ※要オーダー [Jazz][special]
12
臨時休業
13
20:00〜
"Heart to Heart" 五十嵐はるみ(Vo)×折重由美子(Claviola,Pf)×Kenshiro(Vo,Gt) 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,000yen ※要オーダー[pops] [event]
14
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
15
20:30〜
"Live & Session" 池福 大(Cl) ツダタカシ(Fl,B) Yanagi(P) Charge 1,000yen[Jazz][3セット]
16
20:30〜
渡辺隆介 Solo Gutar Live Charge 1,200yen [Jazz][3セット]
17
20:30〜
"Live & Session" 橋本祐二(Ts) Quintet, 野村 綾(P) 吉永タツヤ(Gt) なな(B) 武石想史(Ds) Charge 1,200yen[Jazz][3セット]
18
20:00〜
”酔ing Sunday Session” 中田 博(Ts) 田中隼斗(B) 有田正博(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッション Charge 1,000yen [Jazz]
19
臨時休業
20
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
21
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
22
通常営業 Table Charge 700yen
23
20:30〜
野本秀一(P) Trio, 古荘昇龍(B) 木村好来(Ds) Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
24
20:00〜
"Special Live" Beauty & Beast 多田誠司(As,Fl) & 松本 茜(P) 20:00〜Start Charge 4,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
25
16:00〜
"JAZZ IN 熊本Presents Special Live" ハクエイキム(P) 小沼ようすけ(Gt) Duo 15:00〜Open/16:00〜Start Charge 4,200yen ※要オーダー [Jazz][special]
26
20:00〜
"Special Live" Saxophobia 緑川英徳(As) 岡 淳(Ts) 竹内 直(Ts) 井上"JUJU"ヒロシ(Bs) 19:30〜Open/20:00〜Start Charge 4,000yen ※要オーダー
27
20:00〜
藤山E.T.英一郎 ドラムワークショップ 受講料 5,000yen ※要予約
28
20:00〜
"Special Live" E.T. Trio 藤山E.T.英一郎(Ds) MAYUMI(Vo) 小森陽子(P,Org) 20:00〜Start Charge 3,500yen(前売)/4,000yen(当日) ※要オーダー [Jazz][special]
29
20:00〜
”Special Live” 西田千穂(Vo) 奥村和彦(P) Duo 20:00〜Start Charge 3,000yen [Jazz][special]
30
20:30〜
中田 博(Ts) 渡辺隆介(Gt) Duo Charge 1,500yen [Jazz][3セット]


2017年6月8日(木) 
 
20:00〜  菅原高志(Ds) 高橋佑成(P)牧山羽留奈(B) 20:00〜Start Charge 4,500yen ※要オーダー [Jazz][event]
菅原高志
1976年5月5日福岡県生まれ。
二十歳よりフリーのドラマーとして活動を行い、全国各地のライブハウスやイベントに出演し活躍している。
山下洋輔(p)辛島文雄(p)川嶋哲郎(ts)福田重男(p)多田誠司(as)岡崎好朗(tp)松島啓之(tp)竹内直(ts)村田浩(tp)大森明(ts)井上淑彦(ts)
中川英二郎(tb)岡崎正典(ts)池田篤(as)MALUTA(as)TOKU(vo. Fl)Nat Reeves (bass)Norman Simmons(p)Bruce Barth(p)Randy Johnston(gt)各氏、
その他多数のミュージシャンとの共演を通じて、高い評価を得ている。
2001年には「NHKセッション505」に出演。同年より川嶋哲郎氏との全国ツアーに参加。
2003年多田誠司(sax)氏のツアーに参加。2007年よりRandy Johnston氏とのスプリング・ツアーを開始。
同年6月に渡米、N.Y.のジャズクラブ「Cachaca」にてNat Reeves (bass)と共演。Kenny Washington氏に師事。
2009年より東京・神田のジャズクラブTOKYO TUC「第二次ジャズ維新」プロジェクトの企画、出演。
同年、川嶋哲郎氏をフューチャリングした初のリーダーアルバム「Departure」(CMS)を発表。
2010年には川嶋哲郎氏によるアルバム「Days of Bird」(ポニーキャニオン)に参加。
2015年4月には2枚目のリーダーアルバム PEACE をリリースする 。
 
▲top
2017年6月9日(金) 
 
19:30〜 "JAZZ IN 熊本 Presents Special Live" 板橋文夫(P) 林 栄一(As) 瀬尾高志(B) レオナ(Tap Dance)18:30〜Open/19:30〜Start Charge 5,000yen(1drink付)[Jazz][special]
板橋文夫

1949年 栃木県足利市出身
国立音大付属高校から国立音大進学後、先輩である本田竹廣氏のピアノ演奏を聴いて、ジャズに開眼。
在学中より演奏活動を始め、渡辺貞夫クインテットでプロデビュー。
日野皓正クインテット、森山威男カルテットに参加する一方、自己のトリオでの活動も開始。
エルビンジョーンズ(Drums)やレイアンダーソン(Trombone)とのワールドツアーにも参加。

現在は2010年に結成した自身のトリオ“FIT!”を中心にジャズオーケストラやセッション、映画音楽など多彩な活躍。
ジャズ以外でも様々なジャンルで活躍する人達とセッションを組み、
<ジャズと はなにか?><即興と作曲とは?><音楽とは?><生きることとは?>と常に音楽の源流を模索し続けている。
チョッパーでグリッサンドで煽りたて疾走するピアノの奏でる音楽は、時に強く、そして時に優しく暖かい!




 
▲top
2017年6月13日(火) 
 
20:00〜 "Heart to Heart" 五十嵐はるみ(Vo)×折重由美子(Claviola,Pf)×Kenshiro(Vo,Gt) 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,000yen ※要オーダー[pops] [event]
 
▲top
2017年6月16日(金) 
 
20:30〜 渡辺隆介 Solo Gutar Live Charge 1,200yen [Jazz][3セット]
 
▲top
2017年6月24日(土) 
 
20:00〜 "Special Live" Beauty & Beast 多田誠司(As,Fl) & 松本 茜(P) 20:00〜Start Charge 4,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
1960年、香川県高松市生まれ。

香川大学付属高松中学、高松高校を通じて吹奏楽部でFluteおよび指揮者を担当する。岡山大学入学と同時にJAZZ研究会に入部。
20才の時AltoSaxに転向する。大学卒業後、就職のため地元に帰り、セミプロの立場で中四国・京阪神のライブハウスで活動するが、JAZZへの情熱を捨て切れず、1988年上京。
都内ライブハウスで活動を開始する。

1990年に村田浩(Tp)&The BOP BANDに参加。1992年にCD『The Blues Walk』にて全面的にフィーチャーされ、一躍脚光を浴びる。
1993年末には、キングレコード主催、日本の若手ミュージシャン達による『日本ジャズ維新ジャム』のレコーディングにも参加。
その情熱あふれるプレイで多くのファンを獲得する。
1994年10月にはドラムの猪俣猛氏の『Japan Just Jazz All Stars』の一員として国際交流基金主催のメキシコ公演に参加、大成功を収める。
また、1995年7月には転職情報誌「Be-ing」にその脱サラ人生が大きく取り上げられる。
1996年3月には大西順子(P)QUINTETの一員としてBLUENOTE東京・福岡・大阪の3週間にわたるツアーに参加。
Marcus Belgrave(Tp),Rodney Whitaker(B)らと共演し交流を深める。
また1997年5月にもJAZZWORKSHOPの一員として二年連続でBLUENOTE公演に参加。さらに高い評価を得る。

1997年6月、待望の初リーダー作『THE GIG』を東芝EMIより発売。
SWINGJOURNAL誌主催、97年度「日本ジャズ賞」部門で第三位に入るなど、各方面より絶賛される。
98年4月には来日中のBranford Marsalisがこのアルバムを絶賛し、BLUENOTE東京にて共演するチャンスにも恵まれた。
99年8月にSLASH!のデビューアルバム「SLASH!」をEWEよりリリース、高い評価を得る。
また世界的トランペッター日野皓正に認められ1999年から2009年まで彼のグループにレギュラーメンバーとして参加。
国際交流基金主催のインド・パキスタン公演をはじめとしてラオス・カンボジア・韓国・上海などアジア諸国で公演。
2005,2009年には佐藤允彦SAIFAの一員としてMoers Jazz Festival、North Sea Jazz Festivalに参加するなど海外でも数多く活動する。
2006年にはYamaha Jazz FestivalでPhil Woods Big Bandの一員として参加。その後彼の日本ツアー最終日にシットインするなど、亡くなるまで親交を深めた。
2011,2013年には富士通コンコードジャズフェスティバルツアーに参加。
特に2013年は日本人としてただ一人参加し、伝説のアルト、Charles McPhersonとのバトルで共演を果たすなど、世界の一流アーティストとの共演も多数。

2000年11月に自己のリーダーバンド「the MOST」を結成。2001年にCD「much,more,the MOST」でデビュー、高い評価を得る。
以来、「FORCE」「Because of you」「re:mark」「Luminescence」「True Courage」をリリース。結成十周年記念コンサートを行うなどした後、2013年12月を以て活動休止を発表する。
2011年に結成したリーダーバンド「God Hands QUARTET」(鈴木央紹ts,井上陽介b,江藤良人ds)でも2013年4月にデビュー作「GH4」をリリース。2014年には異色のフリージャズピアニスト、スガダイローとのデュオアルバム「We See!!」を発表し話題を呼ぶ。
2017年にも第二弾「残照 Live at Pit inn」をリリースする。2014年からは若手トップミュージシャンたちのユニット、Oaky(宮川純org,横山和明ds)を結成。
2016年6月にデビューアルバム「Oaky-Dokey !!」をリリース(ゲスト井上銘g)するなど、若手ミュージシャンの育成にも力を入れている。
また自己のグループでNHK-FM「セッション’97、’98、505、2012、2016」に出演。
また2001年10月にはNHK-BS日蘭ジャズ週間に参加、オランダ人ジャズメンとの共演が放映されるなどTV・ラジオ等への出演も多数。

教則本等も、超絶アルトサックス、超絶アルトサックス ザ・スコア、最強のアドリブメーカー、超絶アルトサックス DVD、Jazz sax start guide、など多数出版しており好評を博している。

現在リーダーバンドとして「Oaky」「PhoneBone」「Taurus」を率いる他、スガダイローpとのデュオ、松本茜pとのデュオ、井上智g・安カ川大樹bとのトリオ、
香取良彦Jazz Orchestra など多方面で活動中。
また、教育活動にも力を入れていて、2005年からは世田谷区の中学生を対象としたドリームジャズバンド(校長:日野皓正)の指導、
2007年からは大阪市の50才以上を対象としたHe Knows Orchestraの指導、2013年6月からはYAMAHAの協力で船橋にアマチュアビッグバンド、フォレストシティビッグバンドを創設し、
指導を行うなど、精力的にアマチュアミュージシャンたちの指導を行っている。
また、2012年から仙台市定禅寺ストリートジャズでYAMAHA Swing Carnivalのファシリテーターとして100人以上に上る参加者のまとめ役を務める。
また、洗足音楽大学および飯田ジャズスクール、Da Capoで講師として教鞭をとる。2013年、地元高松市観光大使を拝命。
 
▲top
2017年6月25日(日) 
 
16:00〜 "JAZZ IN 熊本Presents Special Live" ハクエイキム(P) 小沼ようすけ(Gt) Duo 15:00〜Open/16:00〜Start Charge 4,200yen ※要オーダー [Jazz][special]
ハクエイ・キム/Hakuei Kim (ジャズピアニスト/作曲家)

1975年京都市に生まれ札幌市で育つ。
日韓クォーター。5歳からピアノを始める。
シドニー大学音楽院卒業。

2005年にDIWより「Open the Gree Door」」でインディーズデビュー。同レーベルより3枚のアルバムをリリースする。

2009年にピアノ・トリオ 「TRISONIQUE/トライソニーク」を結成する。

2010年には渡辺貞夫の『Sadao with Young Lions』のツアーに参加。

2011年にユニバーサル ミュージックより「Trisonique 」でメジャー・デビュー。
TV東京全国ネット『美の巨人たち』のエンディングテーマを担当し、
クリスタル・ケイや綾戸知恵のアレンジ、レコーディングに参加した他、日韓合同制作の映画『道〜白磁の人〜』のエンディングテーマを担当した。

2012年にソロピアノアルバム 「Break the Ice」、
DVD 「Solo Concerts」をリリース。
2013年には 「A Borderless Hour」をリリース。

2015年にジャズの名門「Verve」レーベルより韓国伝統音楽ユニット「新韓楽」とのコラボレーションアルバム「HANA」をリリース。

2016年には自身のピアノトリオ「Trisonique/トライソニーク」で米国、デトロイトインターナショナルジャズフェスティバルに出演し現地オーディエンスやメディアの絶賛を浴びる。

現在、国内外を問わず絶賛的に活動を続けている。

オフィシャルサイト
hakueikim.jp (ユニバーサルミュージック)


小沼ようすけ (Jazz Guitarist)

2001年にSONY MUSICよりデビュー、10年間在籍。
現在までにSONY他から10枚のリーダー作品をリリース。
2004年のカメルーン出身のベーシストリチャード・ボナとのレコーディングを契機に、独自の方法論による指弾きスタイルを確立。
ここ数年は様々な国を旅して得た影響、ワールドミュージック要素を自分の音楽に採り入れながら、世界を繋ぐ創作活動を続ける。
2010年フレンチカリビアンのミュージシャンとレコーディングした「Jam Ka」発売。
グアドループの民族音楽グオッカの太鼓(ka)がフィーチャーされたこの作品で独自の世界感を展開。同年にBLUE NOTE NY & TOKYOでリリースライヴをおこなう。
2014年、ワールドジャズをテーマに「GNJ」を発表。
リーダー作以外のコラボレーション、セッションにも積極的に取り組み「トニーモナコ、小沼ようすけ&ジーンジャクソン」名義で
活動するストレート・アヘッド・ジャズに現代性を加味したオルガンジャズトリオも高い評価を得ている。
2016年、Flyway LABELを設立。第一弾作品としてパリで録音された「Jam Ka」の続編、 「Jam Ka Deux」をリリース。
GIBSON社、La Bella社エンドースメント・アーティスト。エレキギターの他にナイロン弦アコースティックギターも使用する。

official web site
www.YosukeOnuma.com

Facebook
facebook.com/yosukeonuma.official

instagram
https://www.instagram.com/yosukeonuma_official/

Twitter
https://twitter.com/yosuke_info


 
▲top
2017年6月26日(月) 
 
20:00〜 "Special Live" Saxophobia 緑川英徳(As) 岡 淳(Ts) 竹内 直(Ts) 井上"JUJU"ヒロシ(Bs) 19:30〜Open/20:00〜Start Charge 4,000yen ※要オーダー
SAXOPHOBIA (サキソフォビア)

様々なシーンで活躍する個性派サックス奏者が集まり、98年9月に結成。
アレンジは単に楽器の組み合わせだけでなく、ひとりひとりの個性を念頭においてなされ ている代役不可能のアンサンブル。
サックスだけでなく、フルート、バスクラ、篠笛など を駆使した多彩なサウンドで注目を集める。
取りあげる楽曲はジャズの隠れた名曲、ポップス、民謡、オリジナル曲まで広範囲に渡り、 その自由かつ大胆なアイディアで独特のホーンアンサンブルとインプロビゼーションを展開する。

●2000年1月ファースト・アルバム『FANCYMEN IN THE DARKNESS』をリリース。

●2001年 セイゲン・オノ氏が音楽を担当したNHKドラマ『トトの世界』(ギャラク シー賞グランプリ受賞)のサウンド・トラックに参加。

●2001年よりポップスユニット [Orange Pekoe]の諸作品に参加。

●2002年には来日したビル・クリントン前米国大統領の歓迎晩餐会でのメイン・ステー ジを務め、 クリントン氏から賞賛される。

●2003年4月にセカンド・アルバム『シェルブールの雨傘』をリリースし、その多彩なバ ンド・サウンドと強力なインプロビゼーションで各方面から絶賛される。

●2007年7月 日本国内初、世界的にも類を見ないジャズ・サックス・カルテット用スコア・ブック&CD『Jazz Standards for Sax Quartet』を出版。

●2008年4月 結成10周年で一夜限りのライブ録音、サード・アルバム『A Night at SOMETIME』をリリース。

●2008年11月 『Jazz Standards for Sax Quartet』vol.2を出版。

●2008年12月 児童唱歌を取り上げたミニアルバム『雨ふりシンフォニー』をリリース。

●2010年2月 岩手県在住の子どもたちの歌をフィーチャーした『世界中のこどもたち が』をリリース。

●2013年6月 サキソフォビア&ドリームキッズ第二弾『パレード』をリリース。

●2014年10月 六年ぶり待望のフルアルバム『4』をリリース。

現在はコンサート・ホール、ジャズ・クラブ、アート・ギャラリー等々、さまざまな シーンで演奏するほか、サックス・セクションとしてアーティストやCM音楽のレコー ディングも行い活動の領域を拡げている。
 
▲top
2017年6月27日(火) 
 
20:00〜 藤山E.T.英一郎 ドラムワークショップ 受講料 5,000yen ※要予約
 
▲top
2017年6月28日(水) 
 
20:00〜 "Special Live" E.T. Trio 藤山E.T.英一郎(Ds) MAYUMI(Vo) 小森陽子(P,Org) 20:00〜Start Charge 3,500yen(前売)/4,000yen(当日) ※要オーダー [Jazz][special]
藤山E.T.英一郎 drums , African drum
1967年熊本県出身。1980年よりドラムを始め、故日野元彦氏に師事。
1988年、都内を中心に活動を始める。
国内外の有名ミュージシャンはもとより、日野皓正(tp)、マルウォルドロン(p)、ハンクジョーンズ(p)、ローランドハナ(p)、ギルコギンズ(p)
ロンカーター(b)、ジョーヘンダーソン(ts)など、数えきれないビッグアーテストとの共演でも知られる日本を代表するドラマー。
海外ではニューヨーク、セネガル、フィリピン、香港などで公演する。
現在は自己のバンドを中心に、アフリカンセッション、ETセッション、FANAWANA(オルガンユニット)、DRAGON KING(マムドゥ ジャバテとのユニット)で活動中。
繊細で魅惑的、豪快で華のあるプレイは、観るもののハートを掴んで離さない

 
 
▲top