熊本のお食事と音楽を楽しめるお店 LIVE & DINING 酔ing -Swing-

LIVE&DINING BAR 酔ing-Swing-
スペシャルライブ情報
ライブスケジュール
イベント企画その他
最新情報ブログ
お店ご案内



Google Map
グーグル地図


 酔ing スケジュール # Live 20:30〜 21:30〜 22:30〜 (3ステージ)
(日曜定休、Liveの無い日の22:00以降、またはLive終了後はステージを開放しております)

■Special Live ■Live ■Open ■Close 
 2017年 
 1月 
 2月 
 3月 
 4月 
 5月 
 6月 
 7月 
 8月 
 9月 
 10月 
 11月 
 12月 
1
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
2
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
3
20:00〜
"Special Live" 森永哲則(Ds) Trio, 竹内 直(Ts) 小澤基良(B) Guest; 松本圭使(P) 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,000yen(前売)/3,500yen(当日) ※要オーダー [Jazz][special]
4
20:30〜
渡辺隆介(Gt) Duo 古荘昇龍(B) Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
5
19:00〜
「松浦基悦 Solo Live Vol.20」 松浦基悦(Pf,Vo) 18:30〜Open/19:00〜Start Charge 3,000yen ※要オーダー [Pops][event]
6
イベント出張のため臨時休業
7
臨時休業
8
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
9
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
10
20:00〜
"Special Live" 細川正彦(P) Trio, 榊原太郎(B) 武本強志(Ds) ; Guest 伊澤隆嗣(As,Ss) 20:00〜Start Charge 4,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
11
20:30〜
"Jam Session Day!!" 野本秀一(P) Quartet, 渡辺隆介(Gt) 荒木卓也(B) 木村好来(Ds) Charge 2,000yen [Jazz][3セット]
12
20:30〜
渡辺隆介(Gt) Duo 古荘昇龍(B) Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
13
臨時休業
14
臨時休業
15
20:00〜
井上衆人(P) Quintet, Michael Yusuke Senko(Tp) 小野としたか(B) 綱川康太郎(Ds) 20:00〜Start Charge 2,000yen/1,000yen(学生) [Jazz][event]
16
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
17
20:30〜
"Jazz Preachers" 渡辺隆介(Gt) 田中 誠(B) 亀井俊児(Ds) Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
18
20:30〜
"Jazz Preachers" 渡辺隆介(Gt) 田中 誠(B) 亀井俊児(Ds) Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
19
20:00〜
”木の実ナナsoc Trio, with 堤 智登” 藤井木ノ実(P) なな(B) 武石想史(Ds) 堤 智登(Ts) 20:00〜Start Charge 1,500yen [Jazz][2セット][event]
20
20:00〜
”酔ing Sunday Session” 中田 博(Ts) 有田正博(Ds) 藤木雅貴(B) 18:00〜 Open/20:00〜 セッションstart Charge 1,000yen ※要オーダー [Jazz]
21
20:00〜
"Special Live" 村田 浩(Tp) 園田智子(P) 20:00〜start Chage 4,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
22
臨時休業
23
20:00〜
"Special Live" E.T. Session 藤山E.T. 英一郎(Ds) 西尾健一(Tp) 小森陽子(Org) 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,500yen(前売)/4,000yen(当日) 2,500yen(学生) [Jazz][special]
24
20:30〜
園田智子(P) 堤 智登(Ts)Duo Charge 1,500yen [Jazz][2セット][event]
25
20:30〜
渡辺隆介 Solo Guitar Live Charge 1,200yen [Jazz][3セット]
26
20:30〜
橋本祐二(Ts) Quintet, 野村 綾(P) 吉永タツヤ(Gt)なな(B) 武石想史(Ds) Charge 1,200yen [Jazz][3セット]
27
19:00〜
「伊藤銀次の I Stand Alone 2017 in 熊本〜The 45th anniversary tour〜」 18:30〜Open/19:00〜Start Charge 3,800yen(前売)/4,300yen(当日) [Pops][event]
28
20:00〜
"Special Live" 川嶋哲郎(Ts) & 菅原高志(Ds)Trio, 村上 明(B) 20:00〜start Chage 4,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
29
臨時休業
30
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
31
20:30〜
"Live & Session" 池福 大(Cl) Yanagi(P) Duo Charge 1,000yen [Jazz][2セット]


2017年8月3日(木) 
 
20:00〜 "Special Live" 森永哲則(Ds) Trio, 竹内 直(Ts) 小澤基良(B) Guest; 松本圭使(P) 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,000yen(前売)/3,500yen(当日) ※要オーダー [Jazz][special]
森永 哲則(Ds)
1982年、熊本県八代市にて森永家の長男として生を受ける。
母親を除く全員がB型という家庭で育てられた為、人格形成の段階で不具合が生じる。
物心がついた頃より自分を中心に世界が回っていると錯覚。弱冠9歳(小学校3年)にして、中学生に絞められる。
何をやっても3日と続かない飽きっぽい性格ではあったが、15歳の時に出会ったドラムが唯一の例外となる。
ドラムセット購入の為、人生初のアルバイト(新聞配達)を経験。低血圧が災いして月2回のペースで遅刻する。先行きに不安がよぎる。
高校に入学した頃、我流のドラミングに限界を感じ、ヤマハ音楽教室に通い始める。基本の大切さを思い知る。小学生にライバル意識を燃やす。
悪友・先輩の影響でハードコアにハマる。
色気づいてパーマ(ツイスト)をかけてみるも失敗。天パと相まってアフロヘアーに変貌する。
高校卒業と同時に上京。ドラマーとしてのスキルを磨く為に、音楽専門学校メーザーハウスにて三砂和照氏・菅沼孝三氏に師事する。
それなりに叩けるつもりでいた自分が、思いのほか下手クソだったことを知る。
少しずつ世界の中心軸が傾き始める。
在学2年間の間に、大幅な遅れを取り戻すべく練習に練習を重ね、様々な音楽スタイルの基礎を確立する。
卒業後、ジャズドラマー小山太郎氏との出会いがきっかけで、ジャズに開眼。小山氏のボーヤ(付き人)に志願する。
ドラマーとしての音楽的指導は勿論のこと、人間としての欠陥を補うべく様々な教育を施される。
二十歳を過ぎてようやく、世界は自分を中心に回っていない事を悟る。
長きに渡りボーヤをやっていたが、なあなあになっていた自分を見かねた師匠より『独り立ちしろ!』と強制解雇される。免許皆伝という事にしておく。
それを期にようやくプロ活動を開始。プレイスタイルはジャズ を軸として、ラテンからファンク、ポップスまでオールラウンドに様々なジャンルをこなす(こなしたい)。

http://www.morinagatetsunori.com/


竹内直(ts.fl.bcl.)
1977年、1986年と2度にわたって渡米。
ニューヨークでバイヤード・ランカスターas、スティーブ・グロスマンtsに師事。
デニス・チャールスds、ウィリアム・パーカーb、
クラレンス・C・シャープas
エレン・クリスティvoらと共演。Jazz Center of NewYorkに自己のバンドで出演。   
 帰国後、エルビン・ジョーンズds・ジャパニーズ・ジャズマシーンに参加。
フレディー・ハバードtpと共演。
 1991年、ブラジルに渡りリオでルイゾン・マイアbらと共演、親交を深める。 
1994年頃よりテナー・サックス(のちにバス・クラリネット、フルート)による無
伴奏ソロ演奏をはじめる。
 2002年山下洋輔ユニットでヨーロッパ・ツアー

 おもな共演者はブラザー・ジャック・マグダフorg、デニス・チェンバースds、ゲイリー・バーツas、ジョージ・ガゾーンts、
ラビ・コルトレーンts、エイブラハム・バートンts,as、冨樫雅彦ds、
板橋文夫p,佐藤允彦p、森山威男ds,辛島文夫p、吉沢元治b,高木元輝ts,峰厚介ts,ブン ・ブン・サテライツ、ROVO,DJ LOGIC、等

 リーダー・アルバムとして'96<ライブ・アット・バッシュ>'98<モア・ザン・ユ
ウ・ノウ>'99<トーキング・トゥ・ザ・スピリッツ>'01<トンプキンス・スクエア
・パーク・セレナーデ>'03<ソロ>'05<ライブ・アット・スターアイズ・フィーチュ
アリング後藤浩二>'05<ノスタルジア>'07<ラプチャー>'10<オブシディアン>の9枚をリリースしている。


小澤基良(B)
神奈川県横浜市出身。東京農業大学卒後、東京理科大学ジャズ研究部へ入部。
数年後にプロ活動を開始し、当時参加していたバンドのメンバーとしてジャズの本場、ニューヨークへ渡る。
ニューヨークでライブやストリートパフォーマンスをしていく中でアメリカの音楽・芸術に対する感覚に感銘を受ける。
帰国後横浜に拠点を移し横浜のジャズを発展させる為にジャズミュージシャン団体「YOKOHAMA JAZZ EGGS」を立ち上げ、団体代表とし精力的に活動を開始。


Jazz Pianist, Arranger
松本圭使 Keishi Matsumoto
鹿児島出身。幼少よりクラシックピアノを始め、18歳よりピアニストとして音楽活動を開始するも、ジャズピアノの研鑽を積むためNYへ留学。
現在、自己のリーダートリオをはじめ、様々なグループで鹿児島を拠点に全国的に演奏活動を展開している。
これまでリーダートリオとして1st ALBUM「The Other Side Of It」、2nd ALBUM「LIFE ABOVE DEE」を全国リリースしているほか、
2014年にはボーカルとのデュオ「11-eleven」を発売。
CM音楽制作、肥薩おれんじ鉄道「観光列車おれんじ食堂」音楽プロデュースなど、活動は多岐にわたる。
鹿児島県阿久根市の『にぎわい交流館阿久根駅』では、音楽文化による地域活性化事業として無料観覧できる定期ライブを主宰するなど、
「鹿児島という一地方都市から全国的に誇れる音楽を発信する」というコンセプトでの活動は、新聞や雑誌にも取り上げられ、
今後のさらなる展開が期待されている。
また、鹿児島大学JAZZ研究会の特別講師として無料セミナーを開催するなど、後進の育成にも注力している。
「モントルー・ジャズ・ピアノコンペティション・インかわさき2014」では、全国から多数の応募があった中、
4人のファイナリストのひとりに選出された。2016年第42回鹿児島市春の新人賞を受賞。ジャズ部門での受賞は初となった。
 
▲top
2017年8月5日(土) 
 
19:00〜 「松浦基悦 Solo Live Vol.20」 松浦基悦(Pf,Vo) 18:30〜Open/19:00〜Start Charge 3,000yen ※要オーダー [Pops][event]
松浦基悦ツイッター→https://twitter.com/motoyoshi815
 
▲top
2017年8月10日(木) 
 
20:00〜 "Special Live" 細川正彦(P) Trio, 榊原太郎(B) 武本強志(Ds) ; Guest 伊澤隆嗣(As,Ss) 20:00〜Start Charge 4,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
■細川正彦(Piano, Produce)プロフィール
東京生まれ。音楽と関係のない幼年時代を過ごす。11歳の頃FM放送で初めてジャズを聴き、興味を持つ。
以後成人まで色々な種類(ポップス、R&B、クラッシック、ロック、ソウル、民族音楽等)の音楽を聴く。大学時代に独学でピアノを弾き始める。
ほぼ同時に演奏活動を開始し、新宿ピットインなどライブハウスに出演する。大学中退後、東京のジャズ ライブシーンで活動する一方、
演奏だけではなく、映像音楽等の作編曲、スタジオワークを開始。様々な活動を行う一方、27歳の時、ヨーロッパを遊学。 
東京生活に強い疑問を感じる様になる。30歳で東京から九州、福岡に居を移す。東京時代から続けていたCMなどの映像音楽など音源制作を中心に活動する。
九電、西鉄などをはじめ、東京、関西を含め、全国の様々な企業の広告、展示映像などの音楽を制作する。
40歳、熊本県、御船町の山間部に居場所を見つけ、福岡と行ったり来たりの生活を始め、演奏活動を再開する。
ほぼ
同時にCD制作、レコーディングを始め、東京時代の旧友の池田篤(as)とのデュオアルバムを発表。
以降、鹿児島出身のベーシスト、小牧良平らとトリオを組み、CMSレコードとして2枚のアルバムを制作。
いずれも全国及び、主なネットショップなどで発売し、レーベルとして認知され、販路を確立する。2009年、旧友岡安良明(g)とデュオでツアーを行う。
同年、Randy Johnston(g)、川嶋哲郎(ts)小牧良平(b)を含む菅原高志(ds)のリーダーアルバム「Departure」を制作。
2011年 トリオの3枚目のアルバム「Songs and Etudes」を発表。2012 年 録音、音源制作の場所を熊本から大分県日田に移す。
同年 べースデュオシリーズとして、3枚のアルバムを録音する。参加ベーシストは、録音順に、納浩一、船戸博史、中島教秀。
2013 年 べースデュオシリーズ第一弾「Little Song Book」の発売記念ツアーで、納浩一と全国17カ所をまわり、好評をえる。
今までに自身のレーベルで6枚のアルバムを発表する一方、フリーのレコーディングプロデューサーとしても様々なアルバム、音源の制作に携わっている。
国内のみならず、国際交流基金賛助公演などで、イギリス、オランダ、ルーマニア、ハンガリー、インドネシア、韓国などで演奏している。
 
▲top
2017年8月21日(月) 
 
20:00〜 "Special Live" 村田 浩(Tp) 園田智子(P) 20:00〜start Chage 4,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
村田 浩(Tp)
1943年生まれ。1975年渡辺貞夫リハーサルオーケストラに参加後、自己の 「THE BOP BAND」を結成。現在までに全国的な活動を展開中。
デュークジョーダン、ロイ・ヘインズなど、来日アーティストとの共演も多く、 日本を代表する本格的なバップ・トランペッターとして貴重な存在と言われ、
スイングジャーナル誌の人気投票トランペット部門で常に選出されるなど、その 素晴らしい技量と豊かな音楽性により、多くの支持者を得ている。


園田智子(P)
東京都出身。早大在学中"モダン・ジャズ研究会"に所属。
ジャズ・ピアノ及び理論を藤井貞泰氏に師事。在学中より都内ライブハウスでの演奏活動を始める。
'81年より熊本市在住。'91〜'95九州女学院短期大学(現 九州ルーテル学院大)非常勤講師。
'98訪米の際 元バークリー大講師ブルース・バース氏(Blues Birth)に師事。
'99自己のBIGBAND"園田智子一座"結成。'01阪神大震災チャリティーコンサート全九州学生ビッグ・バンド・フェスにゲスト出演。
現在は熊本市を中心に来熊の内・ミュージシャンとのセッション・ライブ活動及びジャズ・ピアノ、ヴォーカルの後輩の育成にあたっている。
 
▲top
2017年8月23日(水) 
 
20:00〜 "Special Live" E.T. Session 藤山E.T. 英一郎(Ds) 西尾健一(Tp) 小森陽子(Org) 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,500yen(前売)/4,000yen(当日) 2,500yen(学生) [Jazz][special]
藤山E.T.英一郎 drums , African drum
1967年熊本県出身。1980年よりドラムを始め、故日野元彦氏に師事。
1988年、都内を中心に活動を始める。
国内外の有名ミュージシャンはもとより、日野皓正(tp)、マルウォルドロン(p)、ハンクジョーンズ(p)、ローランドハナ(p)、ギルコギンズ(p)
ロンカーター(b)、ジョーヘンダーソン(ts)など、数えきれないビッグアーテストとの共演でも知られる日本を代表するドラマー。
海外ではニューヨーク、セネガル、フィリピン、香港などで公演する。
現在は自己のバンドを中心に、アフリカンセッション、ETセッション、FANAWANA(オルガンユニット)、DRAGON KING(マムドゥ ジャバテとのユニット)で活動中。
繊細で魅惑的、豪快で華のあるプレイは、観るもののハートを掴んで離さない。
 
▲top
2017年8月27日(日) 
 
19:00〜 「伊藤銀次の I Stand Alone 2017 in 熊本〜The 45th anniversary tour〜」 18:30〜Open/19:00〜Start Charge 3,800yen(前売)/4,300yen(当日) [Pops][event]
伊藤銀次
1972年、大阪で結成したバンド「ごまのはえ」で、デビュー。
1973年、アルバムのプロデュースを依頼したキッカケで、大瀧詠一と知り合い、日本ロックの名盤 『シュガーベイブ』(名曲『DOWN TOWN』は 山下達郎との共作)や、
『ナイアガラ トライアングル Vol.1』(1976)等の日本語ロックを担う歴史的なセッションに参加。
1977年、初のソロアルバム『DEADLY DRIVE』をリリース。
1980年、佐野元春と出会い、アルバムのプロデューサーとして、「佐野元春 with ザ・ハートランド」のギターリストとして活動を共にする。
(1983年迄) 1983年、ソロ名義で名盤 『Baby Blue』 をリリース。
続く、『Sugar Boy Blues』 『スターダスト・シンフォニー』 『BEAT CITY』等、1993年に佐野元春と共に製作した 『LOVE PARADE』まで、通算14枚のソロアルバムを発表。
またプロデューサーとして沢田研二、アンルイスなど数々のアーティストをプロデュース。
更に、TV「笑っていいとも!」のオープニングソングの生みの親、
90年代数々の伝説を生み出したTV音楽番組「イカすバンド天国」の審査員として有名。
その後、現在まで続いているウルフルズ、トータス松本等のプロデュース活動を経て、2003年、幻のバンド「ココナツ・バンク」で、アーティストとしてシーン復帰。
2006年、「ハイドパークミュージックフェスティバル」では、伊藤銀次 with Friends(杉真理 &村松邦男)として見事にトリを努める。
2007年、10大都市を駆けぬけたソロデビュー30周年アニバーサリーツアー、 "Baby Blue 2007"と"Stardust Symphoney 2007"にてアーティストとして完全復帰。
そして2009年。新たな試みのソロ弾き語り全国ツアー「I STAND ALONE」を展開
 
▲top
2017年8月28日(月) 
 
20:00〜 "Special Live" 川嶋哲郎(Ts) & 菅原高志(Ds)Trio, 村上 明(B) 20:00〜start Chage 4,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
川嶋哲郎 website→http://tetsurokawashima.com/

菅原高志 website→http://weesugaweesug.jugem.jp/
 
▲top