熊本のお食事と音楽を楽しめるお店 LIVE & DINING 酔ing -Swing-

LIVE&DINING BAR 酔ing-Swing-
スペシャルライブ情報
ライブスケジュール
イベント企画その他
最新情報ブログ
お店ご案内



Google Map
グーグル地図


 酔ing スケジュール # Live 20:30〜 21:30〜 22:30〜 (3ステージ)
(日曜定休、Liveの無い日の22:00以降、またはLive終了後はステージを開放しております)

■Special Live ■Live ■Open ■Close 
 2018年 
 1月 
 2月 
 3月 
 4月 
 5月 
 6月 
 7月 
 8月 
 9月 
 10月 
 11月 
 12月 
1
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
2
貸し切りパーティー
3文化の日
20:30〜
野本秀一(P) Trio, 田中 誠(B) 亀井俊児(Ds) with 谷口さとみ(Vo) Charge 2,000yen [3セット][weekend Jazz]
4
18:00〜0:00
通常営業 Table Charge 700yen
5
臨時休業
6
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
7
20:00〜
“森内良子Restart Live!” 森内良子(P) 上村計一郎(Ds) 古荘昇龍(B) 20:00〜Start Charge 2,000yen ※要オーダー [Jazz]
8
20:00〜
"Special Live" 松本 治(Tb) with 野本秀一(P) Trio, 田中 誠(B) 亀井俊児(Ds) Guest; 栗崎優二(Tb) Charge 3,000yen/2,000yen(学割) ※要オーダー [Jazz][special]
9
貸し切りパーティー
10
20:30〜
橋本祐二(Ts) Quintet, 野村 綾(P) 吉永タツヤ(Gt)ナナ(B) 武石想史(Ds) Feat. セツエリコ(Vo) Charge 1,500yen [Jazz][2セット][event]
11
19:00〜
"Special Live" 板橋文夫 2018・秋の西日本大ツアー〜板橋文夫 オーケストラ 「FUMIO69・ロック&バラード」発売記念〜 板橋文夫(P) 外山 明(Ds) 纐纈雅代(As) 高岡大祐(Tuba) Guest;桑島武文(As) 18:00〜open/19:00〜Start Charge 5,000yen(前売)/5,500yen(当日) ※要オーダー [Jazz][special]
12
臨時休業
13
臨時休業
14
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
15
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
16
19:30〜
"ユウサミイ(Vo,Gt) Live" 19:00〜Open/19:30〜Start Charge 4,000yen ※要オーダー [Pops][event]
17
18:30〜
『Love in City 2018 熊本 /Love cover Loves Vol.2 鈴木トオル LIVE』 18:00〜Open/18:30〜Start Charge 4,000yen(前売)/4,500yen(当日) [Pops/Rock][event]
18
19:30〜
"Special Live" 池田芳夫(B) 園田智子(P) Duo Charge 3,000yen/2,000yen(学生) ※要オーダー ※アフターセッション有 [Jazz]
19
臨時休業
20
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
21
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
22
20:00〜
"Pop Music Night" 才荷アキコ(Vo,P) 吉永タツヤ(Gt) Duo Charge 1,000yen [Pops][2セット]
23勤労感謝の日
20:00〜
"Le Ban Peuil Night 〜ル・バンペイユナイト キャバレーアゲイン〜" 19:30〜Open/20:00〜Start Charge 2,000yen ※要オーダー ※ご予約制 #sold out [Jazz][event]
24
20:00〜
"racine" 森内良子(P) 池上栄次郎(B) Duo Charge 1,000yen [Jazz/Pops][2セット]
25
19:00〜
山本直人(Ob) 金山 徹(Cl) 堀尾伸二(Perc) 吉田 亨(Pf) 古澤歌歩子(Pf) 18:30〜Open/19:00〜Start Charge 3,500yen(1ドリンク付) [2セット][event]
26
臨時休業
27
臨時休業
28
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
29
19:30〜
田尻大喜(Tp) 河野友哉(Gt) 牛島徳子(Pf) 乙藤健太(Perc) 19:00〜Open/19:30〜Start Charge 3,000yen ※要オーダー [event]
30
20:30〜
玉川健一郎(Vo) 野本秀一(P) Charge 2,000yen [Jazz][3セット][weekend Jazz]


2018年11月3日(土)  文化の日
 
20:30〜 野本秀一(P) Trio, 田中 誠(B) 亀井俊児(Ds) with 谷口さとみ(Vo) Charge 2,000yen [3セット][weekend Jazz]
谷口さとみ(Vo)
6歳よりピアノ、16歳より声楽を始め、音楽大学を卒業後ジャズに出逢い、
現在はジャズボーカリストとして、弾き語りプレイヤーとして、
イベントやライブなどで活動する。
クラシックピアノ・ソルフェージュを坂中浩子氏、坂中明子氏に師事。
ジャズピアノヴォーカルを野本秀一氏に師事。
そのリズムセンスの素晴らしさ、 ナチュラルな歌声、楽器としての声の魅力が、
各地で好評を博す注目のボーカリスト。
 
 
▲top
2018年11月7日(水) 
 
20:00〜 “森内良子Restart Live!” 森内良子(P) 上村計一郎(Ds) 古荘昇龍(B) 20:00〜Start Charge 2,000yen ※要オーダー [Jazz]
上村計一郎プロフィール→http://tsuru8.com/profile.html
 
▲top
2018年11月8日(木) 
 
20:00〜 "Special Live" 松本 治(Tb) with 野本秀一(P) Trio, 田中 誠(B) 亀井俊児(Ds) Guest; 栗崎優二(Tb) Charge 3,000yen/2,000yen(学割) ※要オーダー [Jazz][special]
松本治プロフィール

1978年「原信夫とシャープス&フラッツ」にリード・トロンボーン奏者として入団。
その後「高橋達也と東京ユニオンオーケストラ」のアメリカ遠征メンバーとして同楽団入り。
帰国後退団、フリーランサーとしての活動を開始。
1980年代以降は、坂田明セクステット、今堀恒雄の「Tipographica」などに参加、
同時に山下洋輔、渡辺香津美など日本ジャズ界のトッププレイヤーにアレンジを提供する。
他、スタジオ・レコーディングにも数多く参加。
2006年「ラプソディー・イン・ブルー BIGBANDバージョン」を山下洋輔BIGBANDで初演(オーチャード・ホール)編曲、指揮を担当。
以来、山下洋輔BIGBANDの編曲・指揮者として数々の作品を提供、
2010年〜2018年は『ボレロ』(ラベル)『新世界より』(ドヴォルザーク)と『展覧会の絵』(ムソルグスキー)のクラシック作品を編曲
山下洋輔のFree Jazz 6作品を『組曲・山下洋輔Trio』として編曲、初演その斬新な試みが賞賛されている。
2015年は国際交流基金の企画によって、アジア各国から選抜された若者28名から成る"Asian Youth Orchestra"の音楽監督を務め、1ヶ月間の東南アジア・ツアーを行い、
翌2016年1月には日本公演を成功させた。
現在は、自己のグループ「Trigonometria+6」、「Musica Immaginaria」、歌謡曲を斬新なサウンドでお届けする「HFG」の他、
渋谷毅オーケストラ、水谷浩章ユニットなどでのライブ活動、
またコンサート、レコーディングにアレンジを提供(最新作はアニメONE PIECE GOLD「小島麻由美」2016,7,23公開)
指導者としても1994年洗足学園音楽大学にジャズ・コースが誕生して以来、講師を務めている。

2018年9月現在


栗崎優二プロフィール

県立熊本高等学校に入学。同時に熊本ユースシンフォニーオーケストラ及び熊本交響楽団にトロンボーン奏者として入団。
武蔵野音楽大学に入学し、専門的に音楽の勉強を始める。
3年生時よりプロの演奏家としてステージやスタジオ等で活動を始める。
その後の所属団体は以下の通り。
 ☆豊岡豊とスウィングフェイス・オーケストラ
 ☆小野満とスウィングビーバーズ
 ☆松本文男とミュージックメーカーズ
いずれもリードトロンボーン奏者。
この時期に編曲を東海林修氏に師事し、またステージ等での作曲も担当した。
主な専属タレントはザ・ドリフターズ、森進一、水前寺清子、など・・・
昭和60年に熊本に帰った後は、ジャズビッグバンド「カウント・フォー」のリーダーとして、
又クラシック音楽の分野では金管五重奏団や管弦楽団のトロンボーン奏者として活躍する。
作曲・編曲では、熊本県立劇場のイベントやテレビ・ラジオの音楽を担当し、また歌謡曲の作曲やプロを目指す歌手の指導など、分野を問わず活動している。
熊本に帰ってからの所属は以下の通り。
 ☆ビッグバンド「カウント・フォー」リーダー
 ☆国立熊本高専非常勤講師
 ☆有明楽器店講師  
平成17年6月 菊池市に音楽事務所兼教室の「ゆうじ音楽スタジオ」をオープンし、現在に至る。
 
▲top
2018年11月10日(土) 
 
20:30〜 橋本祐二(Ts) Quintet, 野村 綾(P) 吉永タツヤ(Gt)ナナ(B) 武石想史(Ds) Feat. セツエリコ(Vo) Charge 1,500yen [Jazz][2セット][event]
 
▲top
2018年11月11日(日) 
 
19:00〜 "Special Live" 板橋文夫 2018・秋の西日本大ツアー〜板橋文夫 オーケストラ 「FUMIO69・ロック&バラード」発売記念〜 板橋文夫(P) 外山 明(Ds) 纐纈雅代(As) 高岡大祐(Tuba) Guest;桑島武文(As) 18:00〜open/19:00〜Start Charge 5,000yen(前売)/5,500yen(当日) ※要オーダー [Jazz][special]
板橋文夫 website→http://bowz.main.jp/itabashi/index.html
 
▲top
2018年11月16日(金) 
 
19:30〜 "ユウサミイ(Vo,Gt) Live" 19:00〜Open/19:30〜Start Charge 4,000yen ※要オーダー [Pops][event]
ユウサミイ YuSammy
  
ミュージシャン
シンガーソングライター
 

学生時代より、オーストラリアと日本を行き来し、1996年からオーストラリア、 ゴールドコーストに
GIA・GG(アメリカ宝石学会宝石鑑定鑑別士)として移住。

オパールバイヤー、お土産店店長を経て、世界最大の某有名ブランド商社に就職。
2007年に、脱サラしミュージシャンになる。
   
以後、年間半分を日本でシンガーソングライター、残りをオーストラリアでストリートミュージシャンという生活を続け、
2010年から日本で本格的にライブ活動を開始。
  
2013年に完全帰国。 帰国後は、シンガーソングライターとしての活動の他、舞台音楽を手掛けるようになる。    

2013年、舞台「鏡の法則」音楽監督、演奏出演。
2014年、2015年「音楽劇 君よ生きて」全楽曲作詞作曲編曲、音楽監督、演奏出演。    
2015年版全国ツアーは年末にNHK にて全国放送。 DVD化した映像は、文部科学省推薦映像作品に選ばれた。
2017年2月、重要文化財大阪市中央公会堂
天王洲銀河劇場にて5日間上演。
         
  
また、SMAPの「ダイナマイト」「SHAKE」「オリジナルスマイル」「青い稲妻」などで知られる、
作詞家、小説家、森浩美氏の主宰する舞台「家族草子」の音楽担当としても活動。
    
  
シンガーソングライターとしては、事務所、レーベルに属さず、活動のすべてを個人事務所で営業している。


CDも一切流通を通さず、すべてライブ手売りとネットショップのみ。
(ユウサミイストア クレジットカード可)

卓越した演奏技術と、極めて個性的な歌いまわしによるギター弾き語りライブは、
「日本最高峰の弾き語り」
「バンドが鳴っているようなグルーブ」
と業界で各所で評され、
「初めきいた知らない歌に涙があふれた」
「ただの音楽ライブではない」 「
心に響く歌と面白トークのギャップが神」
  
などの言葉が寄せられる。

もっと詳しいプロフィールへ、

http://blog.livedoor.jp/yusammy-prof/archives/12197483.html

または、

「ユウサミイのいろいろ詳しいプロフィール」
で検索
 
▲top
2018年11月17日(土) 
 
18:30〜 『Love in City 2018 熊本 /Love cover Loves Vol.2 鈴木トオル LIVE』 18:00〜Open/18:30〜Start Charge 4,000yen(前売)/4,500yen(当日) [Pops/Rock][event]
『Love in City 2018 熊本 /Love cover Loves Vol.2 鈴木トオル LIVE』
日にち:2018年11月17日(土)
時間:開場18時/開演18時半
出演:鈴木トオル(Vo.g)
会場:酔ing(スイング)
(〒860-0806 熊本市中央区花畑町10-10 中山ビル2階)
料金:前売り\4000/当日\4500
(共にドリンク別)
会場直接のお問い合わせフォームよりご予約も承ります。
http://swing-live.jp/  
tel 096-356-2052(18:30以降)
(氏名、ご連絡取れやすいお電話番号、ご希望人数をお忘れなくお願いします)
 
▲top
2018年11月18日(日) 
 
19:30〜 "Special Live" 池田芳夫(B) 園田智子(P) Duo Charge 3,000yen/2,000yen(学生) ※要オーダー ※アフターセッション有 [Jazz]
池田芳夫(b)プロフィール
1942年1月1日大阪生まれ。
18歳の時より5年間大阪交響楽団の前野繁雄氏に師事。
23歳で上京。ゲイリー・ピーコック氏に師事。
大野雄二トリオ、佐藤允彦トリオ、渡辺貞夫カルテット、菊地雅章セクステット、日野皓正クインテット、高瀬アキとのデュオ、
藤川義明イースタシアオーケストラ、ジャズファクトリー、宮沢昭カルテット等を経て、現在は自己のカルテット、ベースソロ、
その他数多くのミュージシャンとのセッションで活動している。
<代表レコード>
日野皓正グループでの「藤」「ベルリンジャズフェスティバル」「ハートマンミーツ日野」
富樫雅彦グループでの「スピリチュアルネイチャー」
<リーダーアルバム>
「スケッチ・オブ・マイ・ライフ」
「風媒花」
「池田芳夫、高瀬アキ、エスプリ」
1990年 「芳・FRAGRANCE」
1992年 「GOATEE」
1996年 「PICTURESQUE」
1997年 「池田芳夫ベースソロ」
1998年 「DADA」
2001年 「SILHOUETTE DANCE」
2005年 「Recollection」(ベース=ボーカル デュオ)
2006年 「DADA 2」
2010年 「DADA 3」

その他多数のミュージシャンとの共演レコードあり。
日野皓正グループにて、ベルリンジャズフェスティバル(フィルハーモニーホール)、ニューポートジャズフェスティバル(カーネギーホール)に出演。
渋谷ヤマハにてジャズベースの講師。
 
 
▲top
2018年11月22日(木) 
 
20:00〜 "Pop Music Night" 才荷アキコ(Vo,P) 吉永タツヤ(Gt) Duo Charge 1,000yen [Pops][2セット]
 
▲top
2018年11月23日(金)  勤労感謝の日
 
20:00〜 "Le Ban Peuil Night 〜ル・バンペイユナイト キャバレーアゲイン〜" 19:30〜Open/20:00〜Start Charge 2,000yen ※要オーダー ※ご予約制 #sold out [Jazz][event]
セツエリコ(Vo) ツツミトモタカ(Ts)ハラダケイコ(As) カタダカナコ(Tp)
ノムラアヤ(P) アケヒマサナリ(B) タケイシソウシ(Ds)
 
▲top
2018年11月29日(木) 
 
19:30〜 田尻大喜(Tp) 河野友哉(Gt) 牛島徳子(Pf) 乙藤健太(Perc) 19:00〜Open/19:30〜Start Charge 3,000yen ※要オーダー [event]
田尻大喜【プロフィール】

人を笑顔にするトランペッター
桃尻大喜(ももじりたいき)
熊本県に生まれ、10歳の頃、父の仕事の都合により一家でケニア共和国に移住。
そこで、父の手ほどきを受けトランペットを始める。
帰国後は、東京音楽大学のトランペット科に入学。
卒業後は、トランペッターとして活動する傍ら、桃尻大喜として作曲活動も行う。
都内を中心にオーケストラ、吹奏楽の客演を務める他、アーティストのサポート、アニメ、
CMなどのレコーディング参加。
矢沢永吉、いきものがかり、miwa、SEKAINOOWARIなどのサポートなども行う。
またソリストとしての活動にも力を入れており、オーケストラのソリストを始め、各地のソロリサイタルで好評を得る。
東アフリカ国際音楽コンクールインターミディエイト部門第二位に入賞。
日本 青少年国際オーケストラ、カンボジア、ラオス、ルーマニアのツアーにソリストとして参加、
世界遺産アンコールトムにて御前演奏を勤める。
2016年4月に起きた熊本地震の復興支援曲「YELL〜君と明日へと〜」を作曲。
同時に音楽による復興支援団体【YELL PROJECT FOR KUMAMOTO】を結成。
チャリティーコンサートを行い、「YELL〜君と明日へと〜」のCD売り上げを
熊本への義援金として送る活動を続けている。
2017年自身初のソロアルバム「Just Sing A Trumpet」をリリース。
2017年12月ニューヨーク・マンハッタンにてワンマンライブを開催し、好評を得る。
 
▲top
2018年11月30日(金) 
 
20:30〜 玉川健一郎(Vo) 野本秀一(P) Charge 2,000yen [Jazz][3セット][weekend Jazz]
玉川健一郎 Kenichiro Tamagawa
「玉ちゃんは出会った時から現在(いま)に至るまでボクの遥か先を行く歌い手だ」−近藤房之助
北海道出身。
学生時代、近藤房之助らと出会いブルース、R&Bを歌う。
2004年頃から日本を代表するバップピアニスト故・福居良との出会いをきっかけにジャズへ傾倒。
後、福居を通じ、ジャズ・レジェンド、バリー・ハリスに師事。
福居の下で磨かれたジャズスピリット、バリー・ハリスとの出会いから学んだ繊細な歌心を併せ持つと評される。
札幌の"jazz spot Slow Boat"を拠点に、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡など、全国へ活動範囲を広げている。
2018年6月、ファーストCD「ON A SLOWBOAT」を発表。
主な共演ジャズプレイヤー
福居良・バリー・ハリス・佐山雅弘・竹下清志・野本秀一・南山雅樹
竹田一彦・西山満・岡田勉・小杉敏・金子健・丹羽肇・江藤良人・高橋徹・
横山和明・森剣治・小濱安浩・澤田一範…
 
▲top