熊本のお食事と音楽を楽しめるお店 LIVE & DINING 酔ing -Swing-

LIVE&DINING BAR 酔ing-Swing-
スペシャルライブ情報
ライブスケジュール
イベント企画その他
最新情報ブログ
お店ご案内



Google Map
グーグル地図


 酔ing スケジュール # Live 20:30〜 21:30〜 22:30〜 (3ステージ)
(日曜定休、Liveの無い日の22:00以降、またはLive終了後はステージを開放しております)

■Special Live ■Live ■Open ■Close 
 2017年 
 1月 
 2月 
 3月 
 4月 
 5月 
 6月 
 7月 
 8月 
 9月 
 10月 
 11月 
 12月 
1元日
臨時休業
2振替休日
臨時休業
3
臨時休業
4
20:00〜
"Special Live" 山口泰一郎(P) Trio, 古荘昇龍(B) 木村好来(Ds) 20:00〜Start Charge 2,500yen ※要オーダー [Jazz]
5
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
6
20:30〜
渡辺隆介 Solo Gutar Live Charge 1,200yen [Jazz][3セット]
7
20:30〜
野本秀一(P) Trio, 小車洋行(B) 亀井俊児(Ds) Charge 2,000yen [Jazz][3セット]
8
20:00〜
"Special Live" 『E.T. Session』 MAYUMI(Vo)小森陽子(P,Org)藤山E.T.英一郎(Ds)Charge 3,500yen[Jazz]
9成人の日
臨時休業
10
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
11
20:00〜
"Special Live" Tommy(Tb) 花田久美子(P) 古荘昇龍(B) 20:00〜Start Charge 3,000yen ※要オーダー [Jazz]
12
20:30〜
"Live & Session" 池福 大(Cl) ツダタカシ(P) Duo Charge 1,000yen[Jazz][3セット]
13
20:30〜
渡辺隆介(Gt) 荒木卓也(B) Duo Charge 1,200yen[Jazz][3セット]
14
20:30〜
"Special Live" 野本秀一(P)Trio feat. 田部俊彦(Ts);田中 誠(B) 亀井俊児(Ds)Charge 2,000yen [Jazz][3セット]
15
18:00〜0:00
通常営業 Table Charge 700yen
16
臨時休業
17
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
18
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
19
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
20
20:30〜
野本秀一(P) Solo Piano Live Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
21
20:30〜
"酔ing Jam Session Day" 渡辺隆介(Gt) 古荘昇龍(B) Duo Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
22
20:00〜
"酔ing Sunday Session" 藤井木ノ実(P) なな(B) 武石想史(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッションStart Charge 1,000yen ※要オーダー
23
20:00〜
"Special Live" 『E.T. session』 藤山 E.T. 英一郎(Ds) 西尾健一(Tp) 奥村和彦(P) 赤松貴文(B)19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,500yen[Jazz]
24
20:00〜
"Special Live " 菅原高志(Ds) Trio, 海堀弘太(Pf,Tp) 荒木卓也(B)20:00〜Start Charge 4,500yen ※要オーダー [Jazz]
25
18:30〜
吉岡亜衣加 「心で出逢う47都道府県の旅」 18:00〜Open/18:30〜Start ※要オーダー [Pops]
26
20:00〜
"Special Live" 大橋美加(Vo) 野本秀一(P) 丹羽 肇(B) 20:00〜Start 4,000yen(前売)/4,500yen(当日) ※要オーダー [Jazz]
27
20:30〜
渡辺隆介(Gt) 古荘昇龍(B) Duo Charge 1,200yen[Jazz][3セット]
28
20:30〜
"Live & Session"渡辺隆介(Gt) 荒木卓也(B) Duo Charge 1,200yen[Jazz][3セット]
29
20:00〜
"酔ing Sunday Session" 中田 博(Ts) なな(B) 有田正博(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッションStart Charge 1,000yen ※要オーダー
30
臨時休業
31
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen


2017年1月4日(水) 
 
20:00〜 "Special Live" 山口泰一郎(P) Trio, 古荘昇龍(B) 木村好来(Ds) 20:00〜Start Charge 2,500yen ※要オーダー [Jazz]
山口泰一郎 ヤマグチ ヤスイチロウ
熊本出身。1977年、バークリー音楽院のサマースクールに参加後、プロ活動を開始。
自己のバンド、メイガシンでJazzファンク、フュージョン系バンドとして八尋洋一(B)本田珠也(Ds)らと都内ライブハウスで活動。
その後スタジオ、タレントのツアーサポート等重ねながら、1985年MUSICCRAFT音楽工房を設立しアレンジ活動を始める。
熊本に帰郷後、コリーナ(Vo)の音楽監督としてコンサートやレコーディングを担当しながらも、自分にとっての原点であるJazzピアノに再び魅了され、プレイヤーとして活動を再開。
2009年軽井沢近郊に移住し様々なプレイヤーとコラボを目的とした山口泰一郎プロジェクトを企画。
これまで多田誠司氏(アルトサックス)、櫻井郁雄氏(ベーシスト)、原川誠司氏(アルトサックス)、鈴木良雄氏(ベーシスト)、
森 泰人氏(スウェーデン在住ベーシスト)、川村裕司氏(テナーサックス)、林 文夫氏(アルトサックス)、村田憲一郎氏(ドラムス)等とコンサート、
イベントやライブ活動を展開し現在に至っている。
2013年12月スウェーデン在住のベーシスト森 泰人氏とのDUOによるCDアルバム「And We Met」をリリース。
 
▲top
2017年1月11日(水) 
 
20:00〜 "Special Live" Tommy(Tb) 花田久美子(P) 古荘昇龍(B) 20:00〜Start Charge 3,000yen ※要オーダー [Jazz]
Tommy(tb)
13歳でジャズに目覚め、トロンボーンを始める。
中学、高校、大学と吹奏楽部に所属する一方、プライベートではずっと、ジャズを演奏していた。
京都府立大学在学中に、ジャズ研究会を創設、学外でもバンドに参加する。
卒業後は、ジャズ・ソウル・ブルース・サルサ・ブラジル音楽など、
ジャンルを問わず活動を続け、ライブ、レコーディング、またメジャー・アーチストのツアーにも参加する。
1995 年には、自己のオリジナルを多く演奏するホーン・メインのインストバンド、「お気楽Horns」を結成、
また同年、ギターとのボサノバデュオ、「Duo Sonorosso」を結成する。
99 年より、ハウス、ガラージなどを生演奏する稀有なバンド、A Hundred Birds に参加フォー・ライフより2005 年デビュー
1999 年、Duo Sonorosso「Conversa」をリリース
2004 年 BalladManiA「No More Doubt」をリリース。
2007 年12 月 ニュー・ヨークにて、ジョージ・ケイブルス、バーナード・パーディーらとレコーディングした
CD「Five Spot after Dark〜Tommy in New York」をモジョ・レコーズよりリリース。
スイング・ジャーナル誌のゴールド・ディスクに選定される。
2008 年10 月に、ローマにて録音したCD「One Way to Rome」発売。トランペットのファブリツィオ・ボッソ参加。
2010 年12 月、3 枚目にして初の国内録音、初のセルフプロデュース作品となる、「Like a Jellyfish」をリリース。
2013 年12 月 通算6 枚目のリーダー・アルバム「Aquarium in My Heart」リリース
スイングジャーナル誌の、日本人ジャズメン人気投票トロンボーン部門2008 年、2009 年と連続7 位にランクイン。
現在は、自己のバンド、「お気楽Horns」「Duo Sonorosso」「The Jellyfish Quartet」
「Jelly Beans Factory」「Marché de Son」、そして歌手ワサブローとのユニットでも活動中。

花田久美子
福岡市在住のジャズピアニスト。
6歳からピアノを学ぶ。学生時代にバンドでの演奏を始める。クラッシックやジャズの研鑽を経て.様々なジャンルの音楽家との演奏やCD録音などを経験。
2006年よりジャスピアニストとして福岡を拠点に、本格的に活動し始める。自己のトリオをはじめ、多くの素晴らしいミュージシャンとライブを展開している。
また、JR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」のピアニストを務めている。


古荘昇龍(B)
熊本市出身。学生時代にベースを始め後にジャズに転向、コントラバスを手にする。
ジャズ的知識に裏打ちされたスムーズなベースラインとよく歌うソロには定評があり、関東関西のプレーヤーから声をかけられての共演も非常に多い。
現在は九州一円及び山口県で演奏活動を行っている。

 
▲top
2017年1月14日(土) 
 
20:30〜 "Special Live" 野本秀一(P)Trio feat. 田部俊彦(Ts);田中 誠(B) 亀井俊児(Ds)Charge 2,000yen [Jazz][3セット]
田部俊彦(Ts)
1954年北九州市小倉出身。
'81年、自己グループ「なしか」結成。ヤマハ・エルモーション九州大会グランプリ、及び、ライトミュージックコンテスト全国大会優秀賞受賞。
'93年マリンメッセにおいて、スティービー・ワンダーと共演。
「リボン・イン・ザ・スカイ」では、彼のハーモニカとアルトサックスでバトル合戦を好演した。
'96 年、岩崎大輔グループの一員として、アンリ菅野とブルーノート・フクオカに出演。
'98年、初リーダーアルバム「In A Mist」を岩崎大輔(ピアノ)とのデュオでリリ−ス。
'00年、響ホールにおいて、湯山昭作曲の「マリンバとサックスのためのデイベルテイメント」を島田亜希子(マリンバ)と共演。
'02年、NBA(日本バーテンダー協会)北九州支部主催「ヒーリング・ナイト」出演。
北九州市主催「Xmas Jazz Night in MEDIA DOME」にて'03、マリーン、チカ・シンガー等と、'04年、ケイコ・リー、吉田次郎(g)等、'05年村田陽一(tb)らと共演。
「第19回国民文化祭 のおがたジャズフェスタ」('04年)では福岡を代表するプレイヤーと共に“とびうめオールスターズ”を結成。好評を博す。
九州を代表するテナーサックス奏者として県内外で活躍中

野本秀一 のもと しゅういち(Piano)
1968年大分県出身、北九州市在住。
Be Bopスタイルを基本としながら、SwingyでFunky、そして言葉をしゃべるような深みのあるピアノタッチはとても個性的で、Lyrical Bopなどと高く評される。
自己のグループでのツアー・ディナーショーや、音楽イベントの監修、学校公演での教育活動など、幅広い活動を行うと共に、
熊本市内のJazz Club「酔ing」を運営、多くのJazzミュージシャンをプロデュースする。
過去に5枚のリーダーアルバムをリリース。
'03年、1st CD「At The Bar」のオリジナル曲「Bartender Blues」は、TVコマーシャルに使用されるなど好評を得る。
'06年、2nd CD「Snapshot」を、Jazzドラムの歴史的巨人ジミー・コブ、ピーター・ワシントン(B)と共に、N.Yの名門、
    Rudy Van Gelder Studioにて収録、リリース。
'10年、岡安芳明(Gt) 横山達治(Per)らトップJazzミュージシャンを迎えた、クインテット編成の3rd CD「Now we're Funkin'」をリリース。
'12年、NHK-FMの人気Jazz番組「セッション2012」に「野本秀一TRIO+1」にて出演、全国放送。
'13年、4th CD「Sweet Standards」を発表。「2012年 日本Jazzボーカル大賞」の三槻直子氏との共作アルバムで
   「スタンダードソングに新しい光を当てた正統的Jazz Vocalの名盤」として高く評価される。
'15年5月には自身5枚目にあたる、岡安芳明(Gt)氏との共作Duoアルバム「The Feeling Of Jazz」を発表。
日本を代表する名手2人の円熟したプレイは、Jazz専門誌等で注目される。
 
▲top
2017年1月23日(月) 
 
20:00〜 "Special Live" 『E.T. session』 藤山 E.T. 英一郎(Ds) 西尾健一(Tp) 奥村和彦(P) 赤松貴文(B)19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,500yen[Jazz]
E.T. session
藤山 E.T. 英一郎(Ds) 西尾健一(Tp) 奥村和彦(P) 赤松貴文(B)
19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,500yen
 
▲top
2017年1月24日(火) 
 
20:00〜 "Special Live " 菅原高志(Ds) Trio, 海堀弘太(Pf,Tp) 荒木卓也(B)20:00〜Start Charge 4,500yen ※要オーダー [Jazz]
菅原高志(Drums)
1976年5月5日福岡県生まれ。
二十歳よりフリーのドラマーとして活動を行い、全国各地のライブハウスやイベントに出演し活躍している。
山下洋輔(p)辛島文雄(p)川嶋哲郎(ts)福田重男(p)多田誠司(as)岡崎好朗(tp)松島啓之(tp)竹内直(ts)村田浩(tp)
大森明(ts)井上淑彦(ts) 中川英二郎(tb)岡崎正典(ts)池田篤(as)MALUTA(as)TOKU(vo. Fl)Nat Reeves (bass)
Norman Simmons(p)Bruce Barth(p)Randy Johnston(gt)各氏、
その他多数のミュージシャンとの共演を通じて、高い評価を得ている。
2001年には「NHKセッション505」に出演。同年より川嶋哲郎氏との全国ツアーに参加。
2003年多田誠司(sax)氏のツアーに参加。2007年よりRandy Johnston氏とのスプリング・ツアーを開始。
同年6月に渡米、N.Y.のジャズクラブ「Cachaca」にてNat Reeves (bass)と共演。Kenny Washington氏に師事。
2009年より東京・神田のジャズクラブTOKYO TUC「第二次ジャズ維新」プロジェクトの企画、出演。
同年、川嶋哲郎氏をフューチャリングした初のリーダーアルバム「Departure」(CMS)を発表。
2010年には川嶋哲郎氏によるアルバム「Days of Bird」(ポニーキャニオン)に参加。
2015年4月には2枚目のリーダーアルバム 
PEACE をリリースする。
 
▲top
2017年1月25日(水) 
 
18:30〜 吉岡亜衣加 「心で出逢う47都道府県の旅」 18:00〜Open/18:30〜Start ※要オーダー [Pops]
吉岡亜衣加「心で出逢う47都道府県の旅」
ライブ&トーク 
1月25日(水) 
開場18時
開演18時30分〜
料金¥2500(ローソンチケットでお求めいただけます)

吉岡 亜衣加

ゲーム「薄桜鬼」シリーズ、及びアニメ「薄桜鬼」シリーズの主題歌を数多く担当し、各方面から熱い注目を集めている、シンガーソングライター。
その柔らかな雰囲気とはうらはらに、凛とした力強さとせつなさを持ち合わせた歌声で聞く者を魅了する。
圧倒的に若い女性ファンに支持されている。

出身地である静岡県掛川市の「お茶大使」としても活躍中で、年間を通じて多数のイベントにも参加。
自身のオリジナルブレンド茶「ゆめ花車」も販売されている。

2012年6月10日、初のホールコンサートとなる「吉岡亜衣加コンサート in 日本青年館2012 〜薄桜鬼 歌響の宴〜」を開催、成功させる。
2013年6月には、同ライブを、大阪、東京の2か所に拡大し開催。

2013年公開「劇場版 薄桜鬼 第一章 京都乱舞」の主題歌「紅ノ絲」を担当。

2014年公開「劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹」の主題歌「蒼穹の旗」を担当。

 
▲top
2017年1月26日(木) 
 
20:00〜 "Special Live" 大橋美加(Vo) 野本秀一(P) 丹羽 肇(B) 20:00〜Start 4,000yen(前売)/4,500yen(当日) ※要オーダー [Jazz]
大橋美加
短大在学中に東大ジャズ研にスカウトされライヴ・シーンにデビュー。
'86年ファースト・アルバムをリリースし、日本ジャズ・ヴォーカル賞新人賞を受賞。
以降、NY録音のアルバム2枚では巨匠レイ・ブライアント、ギル・ゴールドスタイン他、ビッグネームと共演。
TV・ラジオ・コンサート活動の傍ら、シネマ・エッセイストとしても3冊の著作を発表。
'96年4月より、NHK-FMジャズ番組の構成、選曲、DJを足かけ10年間担当。
'05年11月6日よりFM東京の衛星デジタルラジオ『美加のNice‘N’Easyタイム』が好評放送中。
現在は全国のコミュニティFM、インターネットでも放送中。
2014年サンフランシスコ録音の12枚目のリーダーアルバム
『with Love to Nat』を発売。
自身のルーツである東京・下町で後進指導も手がける。
2016年 御年83歳の母親・マーサ三宅を初めてゲストに迎え
家族への思いを込めたハートウォーミングなアルバム『HOME 』を発表
 
▲top