熊本のお食事と音楽を楽しめるお店 LIVE & DINING 酔ing -Swing-

LIVE&DINING BAR 酔ing-Swing-
スペシャルライブ情報
ライブスケジュール
イベント企画その他
最新情報ブログ
お店ご案内



Google Map
グーグル地図


 酔ing スケジュール # Live 20:30〜 21:30〜 22:30〜 (3ステージ)
(日曜定休、Liveの無い日の22:00以降、またはLive終了後はステージを開放しております)

■Special Live ■Live ■Open ■Close 
 2017年 
 1月 
 2月 
 3月 
 4月 
 5月 
 6月 
 7月 
 8月 
 9月 
 10月 
 11月 
 12月 
1
臨時休業
2
臨時休業
3憲法記念日
19:30〜
"Special Live" 「関西オールスターズバンド」 岩佐康彦(P) Quintet; 荒玉哲朗(B) 東 敏之(Ds) 唐口一之(Tp) 宮 哲之(Ts) Charge 2,000yen(熊本応援価格) [Jazz]
4みどりの日
19:30〜
"Special Jam Session"「関西オールスターズバンド」 Charge 2,000yen (熊本応援価格)
5こどもの日
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
6
20:30〜
”Live & Session” 渡辺隆介(Gt)Trio;荒木卓也(B) 木村好来(Ds) Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
7
通常営業 Table Charge 700yen
8
臨時休業
9
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
10
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
11
20:30〜
”Live & Session” 池福 大(Cl) ツダタカシ(Fl,B) Yanagi(P) Charge 1,000yen [Jazz][3セット]
12
20:30〜
渡辺隆介(Gt) 古荘昇龍(B) Duo Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
13
20:30〜
野本秀一(P)Trio;田中 誠(B) 亀井俊児(Ds) with 谷口さとみ(Vo) Charge 2,000yen [Jazz][3セット]
14
19:30〜
"Special Live" 池田芳夫(B) 園田智子(P) Duo 19:30〜Start Charge 2,500yen [Jazz]
15
臨時休業
16
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
17
19:30〜
"星 文昭(Gt) 流星ツアー 熊本酔ing編" 古荘由美(Vo,Gt) なゆた(Gt) ※投げ銭制+Table Charge 700yen+要オーダー[Pops]
18
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
19
20:00〜
"Special Live" 岡安芳明(Gt) with 野本秀一(P) 小車洋行(B) 亀井俊児(Ds) Charge 3,500yen ※要オーダー [Jazz]
20
20:30〜
渡辺隆介(Gt) 荒木卓也(B) Duo Charge 1,500yen[Jazz][3セット]
21
20:00〜
”酔ing Sunday Session” 藤井木ノ実(P) なな(B) 武石想史(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッションStart Charge 1,000yen [Jazz]
22
臨時休業
23
20:00〜
"Spacial Live" 菅原高志(Ds) Trio, 碓井雅史(Ts) 荒木卓也(B) Charge 4,500yen ※要オーダー [Jazz]
24
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
25
20:00〜
"Special Live" E.T. Trio 藤山E.T.英一郎(Ds) 浦 ヒロノリ(As) 小森陽子(P,Org) 20:00〜Start Charge 3,500yen(前売)/4,000yen(当日)/2,500yen(学生) ※要オーダー [Jazz]
26
20:30〜
野本秀一Solo Piano Live 1,500yen [Jazz][3セット]
27
20:30〜
"Jam Session Day" 野本秀一(P)Trio, 渡辺隆介(Gt) 古荘昇龍(B) Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
28
20:00〜
”酔ing Sunday Session” 中田 博(Ts) 田中隼斗(B) 有田正博(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッションStart Charge 1,000yen [Jazz]
29
臨時休業
30
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
31
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen


2017年5月3日(水)  憲法記念日
 
19:30〜 "Special Live" 「関西オールスターズバンド」 岩佐康彦(P) Quintet; 荒玉哲朗(B) 東 敏之(Ds) 唐口一之(Tp) 宮 哲之(Ts) Charge 2,000yen(熊本応援価格) [Jazz]
「関西オールスターズバンド」
前回も大好評だった、関西のスタープレーヤーが集結したドリームバンドが熊本へ♪必聴!!
岩佐康彦(P) Quintet;荒玉哲朗(B) 東 敏之(Ds) 唐口一之(Tp) 宮 哲之(Ts)
 
▲top
2017年5月4日(木)  みどりの日
 
19:30〜 "Special Jam Session"「関西オールスターズバンド」 Charge 2,000yen (熊本応援価格)
「関西オールスターズバンド」
前回も大好評だった、関西のスタープレーヤーが集結したドリームバンドが熊本へ♪
 
▲top
2017年5月14日(日) 
 
19:30〜 "Special Live" 池田芳夫(B) 園田智子(P) Duo 19:30〜Start Charge 2,500yen [Jazz]
1942年1月1日大阪生まれ。
18歳の時より5年間大阪交響楽団の前野繁雄氏に師事。
23歳で上京。ゲイリー・ピーコック氏に師事。
大野雄二トリオ、佐藤允彦トリオ、渡辺貞夫カルテット、菊地雅章セクステット、日野皓正クインテット、高瀬アキとのデュオ、
藤川義明イースタシアオーケストラ、ジャズファクトリー、宮沢昭カルテット等を経て、現在は自己のカルテット、ベースソロ、
その他数多くのミュージシャンとのセッションで活動している。

<代表レコード>
日野皓正グループでの「藤」「ベルリンジャズフェスティバル」「ハートマンミーツ日野」
富樫雅彦グループでの「スピリチュアルネイチャー」

<リーダーアルバム>
「スケッチ・オブ・マイ・ライフ」
「風媒花」
「池田芳夫、高瀬アキ、エスプリ」
1990年 「芳・FRAGRANCE」
1992年 「GOATEE」
1996年 「PICTURESQUE」
1997年 「池田芳夫ベースソロ」
1998年 「DADA」
2001年 「SILHOUETTE DANCE」
2005年 「Recollection」(ベース=ボーカル デュオ)
2006年 「DADA 2」
2010年 「DADA 3」

その他多数のミュージシャンとの共演レコードあり。
日野皓正グループにて、ベルリンジャズフェスティバル(フィルハーモニーホール)、ニューポートジャズフェスティバル(カーネギーホール)に出演。
渋谷ヤマハにてジャズベースの講師。
 
▲top
2017年5月17日(水) 
 
19:30〜 "星 文昭(Gt) 流星ツアー 熊本酔ing編" 古荘由美(Vo,Gt) なゆた(Gt) ※投げ銭制+Table Charge 700yen+要オーダー[Pops]
星 文昭
変則チューニングのアコースティックギターから奏でられるインストルメンタルの世界観と力強くも優しい歌に多くの人が心奪われてゆく。
故 石田長生 のオープニングアクトや再活動後のGAOのサポートギタリストとしてライブやツアーにも参加。
全国規模のソロギターコンテスト決勝ステージ進出、サポートやレッスン、最近は少年院での講演も行っている。
年間120本以上のライブを行い全国47都道府県ツアー開拓中。
 
▲top
2017年5月19日(金) 
 
20:00〜 "Special Live" 岡安芳明(Gt) with 野本秀一(P) 小車洋行(B) 亀井俊児(Ds) Charge 3,500yen ※要オーダー [Jazz]
岡安芳明(Gt)
1962年7月12日生まれ東京都出身。
宮之上貴昭氏にジャズギターを師事し、23歳でプロ入りする。
1992年今津雅仁のアルバム『STICKY』に参加(初レコーディング)。
1993年Paddle Wheel Labelより初リーダーアルバム『Midnight groove』を発表する。
その後、同レーベルより数々のリーダーアルバムを発表し不動の人気を得る。
現在は自己のレギュラートリオの他、「東京名曲堂」等で都内をはじめ全国のライブスポットで活躍中。

岡安芳明は日本を代表する正統派ジャズギタリストの一人である。
そのプレイは60年代のケニーバレルを彷彿とさせる。
この時代のバレルはすでに確立した自己のスタイルから、さらに次の段階へ進もうとする勢いの真っ只中にあった。
現在の岡安芳明にもまさに同じような勢いが感じられる。
そこには彼が深く敬愛するケニーバレルのコンセプトを継承しようとする姿勢が垣間見える。
岡安芳明の印象は一見もの静かで派手さは無い。
しかしその落ち着いた風貌からは考えもつかない熱っぽい演奏で観客を魅了する。
ジャズギターを愛してやまない彼独自の深みのある澄んだ音色と、よく歌うフレーズが聴く者の感性を揺さぶり捉えて離さない。
それは、充実した昂揚感を聴く者に与えてくれる。
彼は数多くのライブやアルバムを発表するたびに演奏の熟成度を高めている。
けして妥協せず常により良い音と演奏を求め続ける姿は、彼の人柄と共に多くのファンを魅了し続けている。


野本秀一 のもと しゅういち(Piano)
1968年大分県出身、北九州市在住。
Be Bopスタイルを基本としながら、SwingyでFunky、そして言葉をしゃべるような深みのあるピアノタッチはとても個性的で、Lyrical Bopなどと高く評される。
自己のグループでのツアー・ディナーショーや、音楽イベントの監修、学校公演での教育活動など、幅広い活動を行うと共に、
熊本市内のJazz Club「酔ing」を運営、多くのJazzミュージシャンをプロデュースする。
過去に5枚のリーダーアルバムをリリース。
'03年、1st CD「At The Bar」のオリジナル曲「Bartender Blues」は、TVコマーシャルに使用されるなど好評を得る。
'06年、2nd CD「Snapshot」を、Jazzドラムの歴史的巨人ジミー・コブ、ピーター・ワシントン(B)と共に、N.Yの名門、
    Rudy Van Gelder Studioにて収録、リリース。
'10年、岡安芳明(Gt) 横山達治(Per)らトップJazzミュージシャンを迎えた、クインテット編成の3rd CD「Now we're Funkin'」をリリース。
'12年、NHK-FMの人気Jazz番組「セッション2012」に「野本秀一TRIO+1」にて出演、全国放送。
'13年、4th CD「Sweet Standards」を発表。「2012年 日本Jazzボーカル大賞」の三槻直子氏との共作アルバムで
   「スタンダードソングに新しい光を当てた正統的Jazz Vocalの名盤」として高く評価される。
'15年5月には自身5枚目にあたる、岡安芳明(Gt)氏との共作Duoアルバム「The Feeling Of Jazz」を発表。
日本を代表する名手2人の円熟したプレイは、Jazz専門誌等で注目される。
 
▲top
2017年5月23日(火) 
 
20:00〜 "Spacial Live" 菅原高志(Ds) Trio, 碓井雅史(Ts) 荒木卓也(B) Charge 4,500yen ※要オーダー [Jazz]
菅原高志
1976年5月5日福岡県生まれ。
二十歳よりフリーのドラマーとして活動を行い、全国各地のライブハウスやイベントに出演し活躍している。
山下洋輔(p)辛島文雄(p)川嶋哲郎(ts)福田重男(p)多田誠司(as)岡崎好朗(tp)松島啓之(tp)竹内直(ts)村田浩(tp)大森明(ts)井上淑彦(ts)
中川英二郎(tb)岡崎正典(ts)池田篤(as)MALUTA(as)TOKU(vo. Fl)Nat Reeves (bass)Norman Simmons(p)Bruce Barth(p)Randy Johnston(gt)各氏、
その他多数のミュージシャンとの共演を通じて、高い評価を得ている。
2001年には「NHKセッション505」に出演。同年より川嶋哲郎氏との全国ツアーに参加。
2003年多田誠司(sax)氏のツアーに参加。2007年よりRandy Johnston氏とのスプリング・ツアーを開始。
同年6月に渡米、N.Y.のジャズクラブ「Cachaca」にてNat Reeves (bass)と共演。Kenny Washington氏に師事。
2009年より東京・神田のジャズクラブTOKYO TUC「第二次ジャズ維新」プロジェクトの企画、出演。
同年、川嶋哲郎氏をフューチャリングした初のリーダーアルバム「Departure」(CMS)を発表。
2010年には川嶋哲郎氏によるアルバム「Days of Bird」(ポニーキャニオン)に参加。
2015年4月には2枚目のリーダーアルバム PEACE をリリースする 。
 
▲top
2017年5月25日(木) 
 
20:00〜 "Special Live" E.T. Trio 藤山E.T.英一郎(Ds) 浦 ヒロノリ(As) 小森陽子(P,Org) 20:00〜Start Charge 3,500yen(前売)/4,000yen(当日)/2,500yen(学生) ※要オーダー [Jazz]
藤山E.T.英一郎 drums , African drum
1967年熊本県出身。1980年よりドラムを始め、故日野元彦氏に師事。
1988年、都内を中心に活動を始める。
国内外の有名ミュージシャンはもとより、日野皓正(tp)、マルウォルドロン(p)、ハンクジョーンズ(p)、ローランドハナ(p)、ギルコギンズ(p)
ロンカーター(b)、ジョーヘンダーソン(ts)など、数えきれないビッグアーテストとの共演でも知られる日本を代表するドラマー。
海外ではニューヨーク、セネガル、フィリピン、香港などで公演する。
現在は自己のバンドを中心に、アフリカンセッション、ETセッション、FANAWANA(オルガンユニット)、DRAGON KING(マムドゥ ジャバテとのユニット)で活動中。
繊細で魅惑的、豪快で華のあるプレイは、観るもののハートを掴んで離さない
 
▲top