熊本のお食事と音楽を楽しめるお店 LIVE & DINING 酔ing -Swing-

LIVE&DINING BAR 酔ing-Swing-
スペシャルライブ情報
ライブスケジュール
イベント企画その他
最新情報ブログ
お店ご案内



Google Map
グーグル地図


 酔ing スケジュール # Live 20:30〜 21:30〜 22:30〜 (3ステージ)
(日曜定休、Liveの無い日の22:00以降、またはLive終了後はステージを開放しております)

■Special Live ■Live ■Open ■Close 
 2017年 
 1月 
 2月 
 3月 
 4月 
 5月 
 6月 
 7月 
 8月 
 9月 
 10月 
 11月 
 12月 
1
20:00〜
"Special Live" 村田陽一(Tb) Solo Live 19:00〜Open/20::00〜Start Charge 3,000yen ※要オーダー [Jazz]
2
20:30〜
谷口さとみ(Vo) 野本秀一(P) Duo Charge 2,000yen [Jazz][3セット]
3
20:00〜
"酔ing Sunday Session" 藤井木ノ実(P) ナナ(B) 武石想史(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッションStart Charge 1,000yen ※要オーダー [Jazz]
4
臨時休業
5
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
6
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
7
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
8
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
9
20:30〜
"Live & Session" 渡辺隆介(Gt) Trio, 古荘昇龍(B) 吉田光見(Ds) Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
10
20:00〜
"Kim Jazz Quintet" 木村准治(As) 田上ショータ(Tp) 野村 綾(P) 荒木卓也(B) 武石想史(Ds) 20:00〜Start Charge 1,500yen ※要オーダー [Jazz][2セット]
11
20:00〜
"Special Live" 菅原高志(Ds) Quartet, 松原慎之介(As) 中田由美(P) 荒木卓也(B) 20:00〜start Chage 4,500yen ※要オーダー [Jazz]
12
臨時休業
13
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
14
20:30〜
"Live & Session" 池福 大(Cl) Yanagi(P) Duo Charge 1,000yen [Jazz][3セット]
15
20:00〜
"Special Live" 倉沢大樹(P) 九州ツアー 丹羽肇(B) 高橋幹夫(Ds) 20:00〜Start charge 3,000yen(前売)/3,500yen(当日)
16
20:30〜
井上 有(Vo) 野本秀一(P) Duo Charge 2,000yen [Jazz][3セット]
17
18:00〜0:00
通常営業 Table Charge 700yen
18敬老の日
臨時休業
19
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
20
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
21
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
22
20:30〜
中田 博(Ts) Duo 渡辺隆介(Gt) Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
23秋分の日
20:30〜
"Jam Session Day!!" 渡辺隆介(Gt) Trio, 荒木卓也(B) 木村好来(Ds) Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
24
20:00〜
"酔ing Sunday Session" 中田 博(Ts) ナナ(B) 有田正博(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッションStart Charge 1,000yen ※要オーダー
25
臨時休業
26
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
27
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
28
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
29
20:30〜
野本秀一(P) Trio, 古荘昇龍(B) 亀井俊児(Ds) Charge 2,000yen [Jazz][3セット]
30
19:00〜
"山田秀俊 Piano 弾き語り Solo Live" 18:30〜Open/19:00〜start Charge 3,000yen(前売)/3,500yen(当日) [Pops]


2017年9月1日(金) 
 
20:00〜 "Special Live" 村田陽一(Tb) Solo Live 19:00〜Open/20::00〜Start Charge 3,000yen ※要オーダー [Jazz]
村田陽一プロフィール

トロンボーン奏者、作編曲家、プロデューサー
1963年7月25日静岡県静岡市生まれ.
91 年ファーストソロアルバムをリリース。
その後のソロアルバムではデヴィッド・サンボーン、マイケル・ブレッカー、ランディブレッカー、ボブミンツァー、
フ レッドウェズリー、タワーオブパワー、マーカスミラーらがゲストとして参加。
'10年にはイヴァンリンスとのコラボレーションアルバムをリリース。海外遠征もモントルージャズフェスティバル出演をはじめ多数。
編曲家としての主なものとして96年から3年間「渡辺貞夫ビッグ・バンド」の音楽監督とコンサート・マスター、編曲を兼務。
04年吉田美奈子withブラスアートアンサ ンブルのレコーディング、コンサートで、05年愛知万博、布袋寅泰with日本フィルハーモニーオーケストラのコンサートにおいてそれぞれ編曲、指揮を担当。
06年以降数年間、FNS歌謡祭のアレンジを担当。
09年にはエヴァンゲリオンの吹奏楽版の編曲を担当した。'12年には東京ジャズにおいてベンEキング、岩手ジャズにおいてジョーサンプルのバンドのバンドマスターを努めた。
ポップスエリアでのアレンジ提供も槇原敬之、井上陽水、SMAP、鈴木雅之、中森明菜、矢沢永吉、山崎まさよし等多数。
またクラシックエリアでの作品提供も多く、山本浩一郎(シアトル交響楽団首席トロンボーン奏者)、箱山芳樹(新日本オーケストラ首席トロンボーン奏者)、外囿祥一郎、
東京佼成ウィンドオーケストラなどに委嘱作品を提供している。 (敬称略)
ソロ最新作は20作目となる'12年「TAPESTRY」

公式Blog http://y-murata.seesaa.net
 
▲top
2017年9月9日(土) 
 
20:30〜 "Live & Session" 渡辺隆介(Gt) Trio, 古荘昇龍(B) 吉田光見(Ds) Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
 
▲top
2017年9月11日(月) 
 
20:00〜 "Special Live" 菅原高志(Ds) Quartet, 松原慎之介(As) 中田由美(P) 荒木卓也(B) 20:00〜start Chage 4,500yen ※要オーダー [Jazz]
菅原高志
1976年5月5日福岡県生まれ。
二十歳よりフリーのドラマーとして活動を行い、全国各地のライブハウスやイベントに出演し活躍している。
山下洋輔(p)辛島文雄(p)川嶋哲郎(ts)福田重男(p)多田誠司(as)岡崎好朗(tp)松島啓之(tp)竹内直(ts)村田浩(tp)大森明(ts)井上淑彦(ts)
中川英二郎(tb)岡崎正典(ts)池田篤(as)MALUTA(as)TOKU(vo. Fl)Nat Reeves (bass)Norman Simmons(p)Bruce Barth(p)Randy Johnston(gt)各氏、
その他多数のミュージシャンとの共演を通じて、高い評価を得ている。
2001年には「NHKセッション505」に出演。同年より川嶋哲郎氏との全国ツアーに参加。
2003年多田誠司(sax)氏のツアーに参加。2007年よりRandy Johnston氏とのスプリング・ツアーを開始。
同年6月に渡米、N.Y.のジャズクラブ「Cachaca」にてNat Reeves (bass)と共演。Kenny Washington氏に師事。
2009年より東京・神田のジャズクラブTOKYO TUC「第二次ジャズ維新」プロジェクトの企画、出演。
同年、川嶋哲郎氏をフューチャリングした初のリーダーアルバム「Departure」(CMS)を発表。
2010年には川嶋哲郎氏によるアルバム「Days of Bird」(ポニーキャニオン)に参加。
2015年4月には2枚目のリーダーアルバム PEACE をリリースする
 
▲top
2017年9月15日(金) 
 
20:00〜 "Special Live" 倉沢大樹(P) 九州ツアー 丹羽肇(B) 高橋幹夫(Ds) 20:00〜Start charge 3,000yen(前売)/3,500yen(当日)
インターナショナルエレクトーンフェスティバルでのグランプリ受賞や
第一線で活躍中のエレクトーンプレーヤー12人中の一人として
の録音等エレクトーン奏者として華々しい経歴を持つ倉沢大樹
はエレクトーン奏者のみならず凄腕ジャズピアニストとしての才能
をも持ち合わせる。
ニューヨークに14年住み現地の大物ミュージシャン達とセッション
を重ねてきたドラマー高橋幹夫と福岡を拠点に全国で活動中
のベーシスト丹羽肇による至高のジャズピアノトリオによるレアな
九州ツアーはまさに必聴である。
 
▲top
2017年9月30日(土) 
 
19:00〜 "山田秀俊 Piano 弾き語り Solo Live" 18:30〜Open/19:00〜start Charge 3,000yen(前売)/3,500yen(当日) [Pops]
山田秀俊(Piano,Chorus) Profile
1952年、3月23日生まれ、大分県出身。
70年代前半、”吉川忠英とHome Made”としてのバンド活動がきっかけで
間もなくStudio Workへシフトチェンジ。
この40年間の、ミュージシャンとしての活動は殆どスタジオレコーディングに限定。
80〜90年代は、多くのアイドル(松田聖子、中森明菜、小泉今日子、中山美穂...他)や
男性アーティスト(大瀧詠一、長渕剛、Sing Like Talking、浜田省吾、杉山清貴、さだまさし...他)
のレコーディングに参加。
また、CM(ディノス、日本たばこ、ミサワホーム...他)も手掛ける。
2000年以降は、Studio Sessionと並行して、作曲家としての活動も。Misia,Sweets,Candy他に曲を提供。
少しづつではあるが、ライブ活動も増えAB"sに加入。またツアーサポートは、森山良子、谷村新司...。
そして、テゴマス、Newsなどの若手アーティストのレコーディングでピアノメインのバラードが増える中
最も自分らしさがFeatureできたのは、Exileの”One Love”(Ballad Bestから)
この得意技の、バラード系のピアノが出まくりのライブが、2007年から参加している"鈴木トオル"ライブです。
ここで一緒に演ってる、Gtの江口君や、トオル君のLive Spritに触発されて、この初の
Solo Album制作未知の領域であるソロライブを決意したといっても過言ではない。
山田秀俊...スタジオ実績は有るが、巷では全く無名のこの初老ミュージシャンが
今回のSinger-Songwriterというスタンスでどこまで頑張れるか...?
 
 
▲top