熊本のお食事と音楽を楽しめるお店 LIVE & DINING 酔ing -Swing-

LIVE&DINING BAR 酔ing-Swing-
スペシャルライブ情報
ライブスケジュール
イベント企画その他
最新情報ブログ
お店ご案内



Google Map
グーグル地図


 酔ing スケジュール # Live 20:30〜 21:30〜 22:30〜 (3ステージ)
(日曜定休、Liveの無い日の22:00以降、またはLive終了後はステージを開放しております)

■Special Live ■Live ■Open ■Close 
 2018年 
 1月 
 2月 
 3月 
 4月 
 5月 
 6月 
 7月 
 8月 
 9月 
 10月 
 11月 
 12月 
1
貸切パーティー
2
臨時休業
3
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
4
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
5
20:30〜
Miki Lisa(P) 荒木卓也(B) Duo Charge 1,500yen [3セット][weekend Jazz]
6
20:00〜
"酔ing Selected Singers" Charge 2,000yen [Jazz][event]
7
12:00〜
『Kumamoto Girl’s Style』 Charge 2,500yen ※要オーダー [event]
8体育の日
臨時休業
9
臨時休業
10
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
11
20:00〜
"Live & Session" 池福 大(Cl) Yanagi(P) Duo Charge 1,000yen [Jazz][3セット]
12
20:30〜
"野本秀一 Solo Piano Live" Charge 2,000yen [3セット][weekend Jazz]
13
20:30〜
"Live & Session" 渡辺隆介(Gt) 古荘昇龍(B) 吉田光見(Ds) Charge 1,500yen [3セット][weekend Jazz]
14
18:00〜0:00
通常営業 Table Charge 700yen
15
19:00〜
"イグアス Live at 酔ing" 松田俊太郎(Horn) 松島雪子(Piano) 後藤龍伸(Violin) Charge 2,500yen ※要オーダー [classic/cinema music][event]
16
臨時休業
17
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
18
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
19
20:30〜
渡辺隆介(Gt) Duo 古荘昇龍(B) Charge 1,500yen [weekend Jazz][3セット]
20
20:00〜
"Special Live"三槻直子(Vo) 野本秀一(P) Duo Charge 3,000yen(前売)/3,500yen(当日) [Jazz][special]
21
三槻直子 Jazz Vocal 個人レッスン #詳細はお尋ねくださいませ。#定員につき受付を締め切りました。

20:00〜
"酔ing Sunday Session" 藤井木ノ実(P) ナナ (B) 武石想史(Ds) Charge 1,000yen ※要オーダー [Jazz]
22
臨時休業
23
20:00〜
"Special Live" 『Kaz Okumura Session』 奥村和彦(P) 中瀬 亨(B) 西田千穂(Vo) 19:30〜Open/20:00〜Start Charge 3,000yen ※要オーダー [Jazz][special]
24
20:00〜
"Special Live" 『otonowa』 akira tana (leader+drums) masaru koga (woodwinds) art hirahara (piano) ken okada (bass) saki kono (vocals) 20:00〜Start Charge 3,500yen(前売)/4,000yen(当日) ※要オーダー [Jazz][special]
25
20:00〜
"Special Live" 菅原高志(Ds) 小島のり子(Fl) 菊池太光(P) 織原良次(Fretless B) Charge 4,500yen [Jazz][special]
26
20:00〜
"Special Live" 松井宏樹(As) 魚返明未(P) Duo tour 2018 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,000yen(予約)/3,500yen(当日)/2,500yen(学割) [Jazz][special]
27
20:30〜
"酔ing Jam Session Day" 野本秀一(P) 荒木卓也(B) Charge 2,000yen [3セット][weekend Jazz]
28
20:00〜
"酔ing Sunday Session" 中田 博(Ts) 明日正就(B) 有田正博(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッションStart Charge 1,000yen[Jazz]
29
20:00〜
"NORISHIGE 九州ツアー" NORISHIGE(Vo,Gt) 大友真紀子(Key) 木下義則(Ds) Guest;SHOW441 19:30〜Open/20:00〜Start Charge 3,500yen ※要オーダー 主催;熊本Alright [event]
30
臨時休業
31
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen


2018年10月7日(日) 
 
12:00〜 『Kumamoto Girl’s Style』 Charge 2,500yen ※要オーダー [event]
チケットのお申込みはこちらから→http://girlsstyle.fun/omoushikomi/

主催:Girls Style実行委員会
 
▲top
2018年10月11日(木) 
 
20:00〜 "Live & Session" 池福 大(Cl) Yanagi(P) Duo Charge 1,000yen [Jazz][3セット]
 
▲top
2018年10月12日(金) 
 
20:30〜 "野本秀一 Solo Piano Live" Charge 2,000yen [3セット][weekend Jazz]
野本秀一 のもと しゅういち(P)

 1968年大分市出身、北九州市在住、ジャズピアニスト。
4才からピアノに親しみ中学よりバンドを始める。九州大学JAZZ研究会にてJAZZにふれ、
福岡市内のLive Houseに出演。
その後福岡のTV局に入社するが1995年よりプロとして独立。
 数度の渡米を繰り返し研鑽を積む中で、Jazzの王道を行くBe Bopに深く根差した
そのプレイスタイルで国内外の数々のトップミュージシャンと共演してきた。
SwingyでFunky、そして言葉をしゃべる様な、独特の深みのあるピアノタッチはとても個性的。
時にLyrical Bopなどと評され、多くのトップミュージシャンやJazzジャーナリズムから
称賛される。
 '03年より毎年行っている「野本秀一TRIOツアー」の他、岡安芳明(Gt)、田井中福司(Ds)、
三槻直子(Vo)氏ら、本邦を代表するミュージシャンとの定期的なツアーや、その他、
様々な音楽イベントのプロデュースなど、九州を拠点にしながら幅広い活動を行う。
また'07年より熊本市「酔ing」'16年より北九州「カサブランカ」のJazz Clubを運営、
多くの才能あるJazzミュージシャンをプロデュースしている。
 Jazzの裾野を広げるための活動、市民講座や、小中学校など教育機関での公演も多く、音楽・
芸術を身近に感じ、
さらに音楽活動の経験からの学生へのメッセージは、「野本秀一スクール
コンサート」として評判を呼んでいる。
 過去に5枚のリーダーアルバムをリリース。
'97年、Yas岡山(Ds)「Hot Gritz」、井島正雄(B)「JACLA」に参加。
'99 '00年 5月、福岡天神警固公園にてRKB毎日放送「Beat On The Street」を音楽
プロデュース。
'02 '03年6月、熊本県天草、本渡市イベント「Jazzy Feeling」を音楽プロデュース。
'03年、ファーストCD「At The Bar」をリリース。メンバーは井島正雄(B)、Yas岡山(Ds)。
オリジナル曲「Bartender Blues」がヒット、TVコマーシャルにも使用される。
'06年、Jazzドラムの歴史的な巨人Jimmy Cobb、Peter Washington(B)と共に、N.Yの名門
ルディー・ヴァンゲルダー・スタジオにてレコーディング。
セカンドCD「Snapshot」としてWhat's New Recordsより全国発売。
自己のトリオによる京都、名古屋、東京など7ヶ所のツアー。
'06年より5年間、熊本全日空ホテルにてクリスマスディナーショー「野本秀一TRIO
Holy Night Jazz Concert」を行う。
'08年3月、「小林桂(Vo) with 野本秀一(P)TRIO featuring 谷口英治(Cl)」ディナー
ショーを開催(熊本全日空ホテル)。
'10年、サードCD「Now we're Funkin'」岡安芳明(Gt)横山達治(Per)小車洋行(Bs)
亀井俊児(Ds)をWhat's New Recordsより全国発売。
'12年12月、NHK-FMの人気Jazz番組「セッション2012」に「野本秀一TRIO featuring 
岡安芳明(Gt)」にて出演、全国放送。
'13年10月、自身4枚目のリーダー作として、「2012日本Jazzボーカル大賞」受賞の
三槻直子(Vo)氏との共作アルバム「Sweet Standards」を発表。「スタンダードソングに
新しい光を当てた正統的Jazz Vocalの名盤」として、新聞等で高く評価される。
'15年5月、自身5枚目のリーダー作として、岡安芳明(Gt)との共作Duoアルバム「The Feeling
Of Jazz」を発表。日本を代表する名手2人の円熟したプレイは、Jazzメディア等で高く
評価される。
'07〜'18年、北九州のJazzの祭典、北九州ミュージックプロムナード「〜Swingin'北九州〜
Jazz Express」コンサート(at 井筒屋パステルホール)を主催。
'16年7月、NHK-FM「セッション2016」に「野本秀一TRIO」にて2度目の出演。
この年4月の熊本・大分の震災を受けての出演依頼に、九州のJazzミュージシャンを
代表して、この為に作曲したオリジナル曲、メッセージなどを発信。1時間のLiveの
模様が全国放送される。
 
▲top
2018年10月13日(土) 
 
20:30〜 "Live & Session" 渡辺隆介(Gt) 古荘昇龍(B) 吉田光見(Ds) Charge 1,500yen [3セット][weekend Jazz]
 
▲top
2018年10月19日(金) 
 
20:30〜 渡辺隆介(Gt) Duo 古荘昇龍(B) Charge 1,500yen [weekend Jazz][3セット]
 
▲top
2018年10月20日(土) 
 
20:00〜 "Special Live"三槻直子(Vo) 野本秀一(P) Duo Charge 3,000yen(前売)/3,500yen(当日) [Jazz][special]
「人気のDuo〜王道を行くJazz Vocalの、Swingyで粋な世界をお楽しみに」
三槻 直子 (みづき なおこ) プロフィール
 東京生まれ、大妻女子大学英文科卒。OL経験後、マーサ三宅に師事し、プロ入り。
ジャズシンガーとして、その確かな歌唱力と、人柄のあふれる暖かく楽しいステージで、精力的なコンサート活動を行う。
その活躍を認められ、1992年度のツムラジャズボーカル賞の新人賞を受賞。
 メディアにおいては、NHK-FMのセッション出演。湘南ビーチFM(木村太郎氏代表)の人気番組One night stand by the sea に毎月レギュラー出演。
気取らないトークも好評を得る。
また数々のCMソングの分野でも活躍。
現在、マーサ三宅主催のヴォーカルスクールや、洗足学園音楽大学にて、後進の育成にもあたる。
1999年、人気ギタリスト岡安芳明氏のアルバム「Good Life」にゲストシンガーとして参加。
2001年、Swing Cats Record より、三槻直子ファーストアルバム「A Song of a dolphin」をリリース。 
ハービー・ハンコックのDolphin Danceに自ら作詩をして、収録。完売の好評を博す。
2003年、2ndアルバム「Dedicated to you」発売。世界的トランペッター大野俊三氏をゲストに迎え、ピアニスト後藤浩二のオリジナル「Dedicated to you」に自ら作詞して、収録。
2007年、3rdアルバム「Portraits」を発売。バックは清水絵理子3
2013年、第28回(2012年度)「日本ジャズボーカル賞」大賞を受賞、記念コンサートなどを行う。
     Be Bop ピアニスト 野本秀一Trioとの共作スタンダードアルバム「Sweet Standards」を発売、ゲストにギター岡安芳明。

 「シンガーとしての極めて高い技術水準を身に付けている点は勿論、暖かな人柄、堪能な英語の知識、ボサノバ、ボップス、モダン、スイングを問わない豊富なレパートリー、
ジャズに対する深い見識、後進への誠実な指導など、その魅力は、シンガーとしてあるべき姿の理想とも言える存在となっている。
馴染みのない曲でも、リスナーをぐいぐいひっぱって自分の世界を作ってしまう。
そんな芸当も実力派ならではの魅力であり、三槻直子のレパートリーで、スタンダード化された隠れた名曲は枚挙に暇がない。」(湘南ビーチFMプログラムから抜粋)
 
 
 
▲top
2018年10月23日(火) 
 
20:00〜 "Special Live" 『Kaz Okumura Session』 奥村和彦(P) 中瀬 亨(B) 西田千穂(Vo) 19:30〜Open/20:00〜Start Charge 3,000yen ※要オーダー [Jazz][special]
奥村和彦 (おくむら かずひこ) ジャズピアニスト 作編曲家
熊本県生まれ

ジャズピアニスト サイラス=チェスナットに師事してジャズの真髄に触れる、同時にニューヨークのジャズクラブでのセッションに参加して腕を磨く、
その中でも若手トランペッターの第一人者ロイ ハーグローブやウエス モンゴメリーグループの名ドラマージミーラブリエンスとのセッションは、その後の演奏に大きな影響を与えた。

Cleve Douglass(vo) & Son Of A Duke日本ツアーに参加

1995年、ピアノトリオ「KUMA-SUN」 奥村和彦(p) 田代文雄(b) 藤山英一郎(ds) を結成して、より自由な世界を求めて演奏活動を開始

2005年、奥村和彦トリオ(安東昇ベース、伊藤宏樹ドラム)を結成し、日本各地で演奏活動を展開

2007年3月8日 生まれ故郷熊本への思いをひたむきに書き下ろした
デビューアルバム「Fire Land 火の国」を発表

2011年には、日本で最も権威のあるジャズFM番組 「NHK セッション2011」に奥村和彦トリオで出演し全国の
ジャズファンに大好評を博す!

2014年 エジプト・カイロ国際ジャズフェスティバルにKaz Okumura Trioで出演し、エジプトのジャズファンを興奮させる!

現在はツアー活動を中心に日本各地で演奏活動を繰り返し、火の国の熱いサウンドを届けています!
 
▲top
2018年10月24日(水) 
 
20:00〜 "Special Live" 『otonowa』 akira tana (leader+drums) masaru koga (woodwinds) art hirahara (piano) ken okada (bass) saki kono (vocals) 20:00〜Start Charge 3,500yen(前売)/4,000yen(当日) ※要オーダー [Jazz][special]
otonowa/ソニー・ロリンズなど幾多のジャイアンツとの共演で知られる、伝説のドラマー、アキラ・タナの呼びかけで、
東日本大震災の復興支援の役に立ちたいという思いから、アメリカ在住の日系人で結成されたジャズユニット。

2013年から毎年、東北復興支援のツアーを行い、今年は熊本地震の復興支援ために、フルメンバーで九州に初お目見え。

akira tana (leader+drums)
masaru koga (woodwinds)
art hirahara (piano)
ken okada (bass)
saki kono (vocals)

日時:10月24日(水)20:00〜2ステージ
場所:熊本 酔ing 096-356-2052
   中央区花畑町10-10 中山ビル2F
料金:予約3.500 当日4.000 ※要オーダー

 
▲top
2018年10月25日(木) 
 
20:00〜 "Special Live" 菅原高志(Ds) 小島のり子(Fl) 菊池太光(P) 織原良次(Fretless B) Charge 4,500yen [Jazz][special]
菅原高志(すがわらたかし)
1976年5月5日福岡県生まれ。
二十歳よりフリーのドラマーとして活動を行い、全国各地のライブハウスやイベントに出演し活躍している。
山下洋輔(p)辛島文雄(p)川嶋哲郎(ts)福田重男(p)多田誠司(as)岡崎好朗(tp)松島啓之(tp)竹内直(ts)
村田浩(tp)大森明(ts)井上淑彦(ts) 中川英二郎(tb)岡崎正典(ts)池田篤(as)MALUTA(as)TOKU(vo. Fl)
Nat Reeves (bass)Norman Simmons(p)Bruce Barth(p)Randy Johnston(gt)
各氏、その他多数のミュージシャンとの共演を通じて、高い評価を得ている。
2001年には「NHKセッション505」に出演。同年より川嶋哲郎氏との全国ツアーに参加。
2003年多田誠司(sax)氏のツアーに参加。2007年よりRandy Johnston氏とのスプリング・ツアーを開始。
同年6月に渡米、N.Y.のジャズクラブ「Cachaca」にてNat Reeves (bass)と共演。Kenny Washington氏に師事。
2009年より東京・神田のジャズクラブTOKYO TUC「第二次ジャズ維新」プロジェクトの企画、出演。
同年、川嶋哲郎氏をフューチャリングした初のリーダーアルバム「Departure」(CMS)を発表。
2010年には川嶋哲郎氏によるアルバム「Days of Bird」(ポニーキャニオン)に参加。
 
▲top
2018年10月26日(金) 
 
20:00〜 "Special Live" 松井宏樹(As) 魚返明未(P) Duo tour 2018 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,000yen(予約)/3,500yen(当日)/2,500yen(学割) [Jazz][special]
松井宏樹 (まついこうき)
alto,soprano saxophone
1983年福岡生まれ。
幼少期からレコードコレクターの父の影響で様々な音楽を耳にし、4歳からピアノを始める。
12歳のときにアルトサックスを始め、中学・高校時代はヤマハPMSにて
伊多倉潔氏に指導を受ける。
福岡大学付属大濠高校を卒業後、立命館大学に入学。
めでたく本格的にジャズに目覚める。

在学中はビッグバンド、RU swingin herd jazz emsemble に3年間在籍。
またリーダーカルテットで京都府内のライブハウスに出演し、更に三条大橋でソロでのストリートパフォーマンスも精力的に行う。藤吉悠氏に師事。
2006年10月より活動の場を東京に移す。池田篤氏に師事。
新宿ピットイン昼の部を拠点にしながら自己のバンドを活動させ続ける。
2011年、EMI music japan より発売の井上銘guitar デビューアルバム
「First Train」に参加。
2012年、Jazz God Father・鈴木勲picc-bass のグループ [OMA SOUND]に
加入。氏の音楽観に絶大な影響を受ける。長野、金沢、名古屋他へのツアーに参加。
2013年より菅原高志drums の年2回の熊本・諫早を中心とした九州ツアーに
参加。現在もツアーは続いている。
2014年5月、ハイレゾ音源限定「Koki Matsui4 Live at UNAMAS」を発表。
録音メンバーはのちの[gradate]。
2016年7月、松井宏樹・菅原高志カルテット「Freeture」をリリース。好評を博している。(他メンバーは加藤一平guitar・小牧良平bass)
現在自己のバンド [gradate] (魚返明未piano 落合康介bass 吉良創太drums)
鈴木勲b [OMA SOUND]、福村博trombone グループ等で
都内、全国で活動中。

これまでの共演者 (一部。敬称略。)
板橋文夫piano 大我drums 大坂昌彦drums 鈴木勲bass 原大力drums
川嶋哲郎tenor sx 池田篤alto sx 米木康志bass 辛島文雄piano
本田珠也drums 竹内直tenor sx 林栄一alto sx 福村博trombone
南博piano 向井秀徳vo,guitar(zazen boys) 吉野弘志bass
藤原大輔tenor sx 他。


魚返明未(おがえりあみ)
1991年 東京都生まれ。 4歳からピアノを始める。
高校入学と同時にモダンジャズ研究部に入部、ジャズピアノに転向。
2015年7月、初リーダーアルバム「Step Slope」をタワーレコード限定リリース。
2017年3月に東京芸術大学作曲科を卒業。
日野皓正trumpet 岡崎好朗trumpet 松崎啓之trumpet 池田篤alto sx 林栄一alto sx
山田穣alto sx 岡崎正典tenor sx 峰厚介tenor sx 竹内直tenor sx 山口真文tenor sx
Steve Davis trombone 井上銘guitar 中村健吾bass 安カ川大樹bass 米木康志bass
原大力Drums 北園みなみVocal ものんくる、他と共演。
現在自己のトリオ(楠井五月bass、石若駿drums)をはじめ、様々なバンドで都内を中心に活動中。

 
▲top
2018年10月28日(日) 
 
20:00〜 "酔ing Sunday Session" 中田 博(Ts) 明日正就(B) 有田正博(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッションStart Charge 1,000yen[Jazz]
 
▲top