熊本のお食事と音楽を楽しめるお店 LIVE & DINING 酔ing -Swing-

LIVE&DINING BAR 酔ing-Swing-
スペシャルライブ情報
ライブスケジュール
イベント企画その他
最新情報ブログ
お店ご案内



Google Map
グーグル地図


 酔ing スケジュール # Live 20:30〜 21:30〜 22:30〜 (3ステージ)
(日曜定休、Liveの無い日の22:00以降、またはLive終了後はステージを開放しております)

■Special Live ■Live ■Open ■Close 
 2018年 
 1月 
 2月 
 3月 
 4月 
 5月 
 6月 
 7月 
 8月 
 9月 
 10月 
 11月 
 12月 
1
20:30〜
中田 博(Ts) 渡辺隆介(Gt) Duo Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
2
20:30〜
橋本祐二(Ts) Quintet, 野村 綾(P) 吉永タツヤ(Gt)ナナ(B) 武石想史(Ds) Feat. 末永雅伸(Vo) [Jazz][2セット][event]
3
20:00〜
"酔ing Sunday Session" 藤井木ノ実(P) ナナ (B) 武石想史(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッションStart Charge 1,000yen ※要オーダー [Jazz]
4
臨時休業
5
19:30〜
"よしむらさおり(Vo) Acoustic Live Vol.2" Daichi Kanno(Pf) Tomotaka Yamasaki(Gt) 19:00〜Open/19:30〜Start Charge 2,500yen ※要オーダー [Pops][event]
6
20:00〜
"Special Live" 『Underrated 発売ツアー』 二見勇気(P) 石川翔太(B) Duo Charge3,000yen ※要オーダー [Jazz][special]
7
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
8
20:30〜
渡辺隆介(Gt) 中田由美(P) Duo Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
9
20:00〜
"Jam Session Day!!"野本秀一(P) Trio, 荒木卓也(B) 亀井俊児(Ds) Charge 2,000yen ※要オーダー [Jazz]
10
19:30〜
池田芳夫(B) Workshop & Session 園田智子(P) 吉田光見(Ds) Charge 3,000yen/2,000yen(学生) ※要オーダー [Jazz/event]
11
臨時休業
12
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
13
20:00〜
"Special Live" 菅原高志(Ds) Quartet, 松原慎之介(As) 渡辺隆介(Gt) 荒木卓也(B) Charge 4,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
14
20:00〜
"Special Live" 谷口さとみ(Vo) 野本秀一(P) Duo Charge 2,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
15
20:00〜
"JAZZ IN 熊本Presents Special Live" Very Glamorous Tour 大西順子トリオ 大西順子(pf) 井上陽介(b) 高橋信之介(ds) 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 6,500yen ※1drink付 [Jazz][special] #Sold Out
16
20:30〜
渡辺隆介(Gt) Trio, 古荘昇龍(B) 木村好来(Ds) Charge 1,500yen [Jazz][3セット]
17
18:00〜0:00
通常営業 Table Charge 700yen
18
臨時休業
19
臨時休業
20
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
21
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
22
20:30〜
野本秀一 Solo Piano Live Charge 2,000yen [Jazz][3セット]
23
20:00〜
"音宵(otoyoi)" 19:45〜Open/20:00〜Start Charge 2,000yen(1drink付) ※要オーダー [Acoustic][event]
24
20:00〜
''酔ing Sunday Session'' 中田 博(Ts) 明日正就(B) 有田正博(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッション Start Charge 1,000yen ※要オーダー [Jazz]
25
臨時休業
26
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
27
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
28
20:30〜
"Live & Session" 池福 大(Cl) Yanagi(P) Duo Charge 1,000yen [Jazz][3セット]
29
19:30〜
"Special Live" 山添ゆか(Vo) with 稲屋 浩(Ts) 井野アキヲ(Gt) 中瀬 亨(B) 19:30〜1st 21:00〜2nd Charge 3,900yen(前売)/4,400yen(当日) [Jazz][special]
30
20:30〜
"Live & Session" 森内良子(P) Trio, 池上栄次郎(Eb) 武石想史(Ds) Charge 1,000yen ※要オーダー [Jazz][3セット]


2018年6月2日(土) 
 
20:30〜 橋本祐二(Ts) Quintet, 野村 綾(P) 吉永タツヤ(Gt)ナナ(B) 武石想史(Ds) Feat. 末永雅伸(Vo) [Jazz][2セット][event]
 
▲top
2018年6月5日(火) 
 
19:30〜 "よしむらさおり(Vo) Acoustic Live Vol.2" Daichi Kanno(Pf) Tomotaka Yamasaki(Gt) 19:00〜Open/19:30〜Start Charge 2,500yen ※要オーダー [Pops][event]
よしむらさおりWebsite
http://yoshimurasaori.com


シンガーソングライター よしむらさおり
熊本県出身(鹿児島県在住) 幼少の頃より音楽に親しみ、5歳の頃にピアノを始める。
高校入学を機に本格的に声楽を学び、大学進学を機にドイツ歌曲などを中心にクラシック音楽の勉強を続け、
大学在学中に参加したボーカルオーディ ションをきっかけに本格的な音楽活動を開始。
独学で作詞・作曲を始め、その独特な世界感・言語感覚を活かし他アーティストへの楽曲提供も行う。
クラシックをバックグラウンドに持ち、透明感のあるナチュラルボイスで聴いてる人を魅了し、今現在、最も勢いのある新進気鋭のシンガーソングラ イターである。
2017年7月31日発売の1st album 二つのスカートの収録曲も詞・曲共に本人が手がけている。
日常生活を多方面から見つめ、時に皮肉を歌った歌詞と、透き通るような歌声のギャップが楽曲に説得力を与え同世代の女性や女子中高生に支持され ている。

 
▲top
2018年6月6日(水) 
 
20:00〜 "Special Live" 『Underrated 発売ツアー』 二見勇気(P) 石川翔太(B) Duo Charge3,000yen ※要オーダー [Jazz][special]
二見勇気 〜プロフィール〜
1987年4月6日埼玉県生まれ。3歳からヤマハ音楽教室でピアノを始める。
クラシックピアノを大場啓子氏、國谷尊之氏、松本美都子氏に師事。
ジャズピアノを今泉正明氏、石井彰、Frank Carlberg 氏に師事。ジャズ理論をJerry Bergonzi氏に師事。
二見勇気はクラシック音楽で培った確かなテクニックと素晴らしい音色を兼ね備えた日本を代表する天才イケメンピアニストである。
ジャズの巨匠オスカー・ピーターソンを敬愛しながらも、現在のニューヨーク最前線のジャズ、バロック音楽、フランス近現代音楽等、様々な音楽に影響を受け、
自らのスタイルに取り入れている。これまで日本の各地、韓国、アメリカ等で公演を果たす。

〜コンクール受賞、その他経歴から
2002年 ピティナピアノコンペティションE級 ベスト10賞
2006年 都立武蔵高校卒業
2008年 横浜ジャズプロムナード主催のコンペティションにて自己のトリオで洗足学園大学賞を受賞。
2009年 浅草ジャズコンテストの本選に自己のクインテットで出場、好評を博す。
2010年 横浜ジャズプロムナード主催のコンペティションにて自己のトリオで洗足学園大学賞ジャズクラブ賞を受賞。
2010年 浅草ジャズコンテストの本選に自己のトリオで出場、金賞(2位)受賞する。
2011年 神戸ネクストジャズコンペティション 本戦出場
2011年 第31回 浅草ジャズコンテスト グランプリ受賞 (駒野逸美カルテットのメンバーとして出
場)
2013年 二見勇気トリオのファーストアルバム”BANZAI OSCAR”発売
2013年 CUNY LaGuardia Community College 入学
2015年 2nd album 「Moonlight Serenade」リリース
2016年 New England Conservatory 入学



-石川翔太(いしかわしょうた)フルーティスト、ベーシスト、作/編曲家-
神戸生まれ。5歳よりピアノ、12歳よりフルートを始める。16歳よりベースに転向、神田芳郎・鷲見和広に師事。2007年より、奨学金を得てバークリー音楽大学に留学。
ベースをBruce Gertz,Barry Smith、作曲をScott Free, Greg Hopkins等に師事。演奏科とジャズ作/編曲科を2010年に卒業。

2007年よりジョージ・ムラーツと出会い、後に弟子として認められ現在唯一の彼の直弟子となる。
アメリカ人ピアニストMatt Savageとの日本ツアーやNY Birdlandへの出演など、NYでもプロとして活動後、日本に帰国。
LA在住のピアニストJosh Nelsonとの日本ツアー、チェコ共和国を代表するピアニストEmil Viklickyの来日公演への参加、
Jeff Hamilton(ds) Trio のレギュラーピアニストであるTamir Hendermanの共演、オランダ出身のピアニストMike Del Ferro, ドラマーのSebastian Kapteinとのツアー等、
関西に拠点を置きながらも国際派として活動している。
現在は自身のバンド、ピアニスト二見勇気とのDuo、来日ミュージシャンのツアーベーシスト、フルーティストとしての活動、
ジョージ・ムラーツ研究家としてのベーシストへの個人レッスンなど活動は多岐に渡る。
直近のアルバムは二見勇気とのDuo アルバム”Underrated”(2018 6/1発売), Matt Savageとのライブアルバム”It’s My Request”(2017 1/1発売)

 
▲top
2018年6月9日(土) 
 
20:00〜 "Jam Session Day!!"野本秀一(P) Trio, 荒木卓也(B) 亀井俊児(Ds) Charge 2,000yen ※要オーダー [Jazz]
酔ing Jam Session 楽器の方、ボーカルの方、リスナーさんもご参加お待ちしております!
 
▲top
2018年6月10日(日) 
 
19:30〜 池田芳夫(B) Workshop & Session 園田智子(P) 吉田光見(Ds) Charge 3,000yen/2,000yen(学生) ※要オーダー [Jazz/event]
池田芳夫(b)プロフィール
1942年1月1日大阪生まれ。
18歳の時より5年間大阪交響楽団の前野繁雄氏に師事。
23歳で上京。ゲイリー・ピーコック氏に師事。
大野雄二トリオ、佐藤允彦トリオ、渡辺貞夫カルテット、菊地雅章セクステット、日野皓正クインテット、高瀬アキとのデュオ、
藤川義明イースタシアオーケストラ、ジャズファクトリー、宮沢昭カルテット等を経て、現在は自己のカルテット、ベースソロ、
その他数多くのミュージシャンとのセッションで活動している。
<代表レコード>
日野皓正グループでの「藤」「ベルリンジャズフェスティバル」「ハートマンミーツ日野」
富樫雅彦グループでの「スピリチュアルネイチャー」
<リーダーアルバム>
「スケッチ・オブ・マイ・ライフ」
「風媒花」
「池田芳夫、高瀬アキ、エスプリ」
1990年 「芳・FRAGRANCE」
1992年 「GOATEE」
1996年 「PICTURESQUE」
1997年 「池田芳夫ベースソロ」
1998年 「DADA」
2001年 「SILHOUETTE DANCE」
2005年 「Recollection」(ベース=ボーカル デュオ)
2006年 「DADA 2」
2010年 「DADA 3」

その他多数のミュージシャンとの共演レコードあり。
日野皓正グループにて、ベルリンジャズフェスティバル(フィルハーモニーホール)、ニューポートジャズフェスティバル(カーネギーホール)に出演。
渋谷ヤマハにてジャズベースの講師。
 
 
▲top
2018年6月13日(水) 
 
20:00〜 "Special Live" 菅原高志(Ds) Quartet, 松原慎之介(As) 渡辺隆介(Gt) 荒木卓也(B) Charge 4,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
菅原高志(drums)
1976年5月5日福岡県生まれ。
二十歳よりフリーのドラマーとして活動を行い、全国各地のライブハウスやイベントに出演し活躍している。
山下洋輔(p)辛島文雄(p)川嶋哲郎(ts)福田重男(p)多田誠司(as)岡崎好朗(tp)松島啓之(tp)竹内直(ts)村田浩(tp)
大森明(ts)井上淑彦(ts) 中川英二郎(tb)岡崎正典(ts)池田篤(as)MALUTA(as)TOKU(vo. Fl)Nat Reeves (bass)Norman Simmons(p)Bruce Barth(p)Randy Johnston(gt)各氏、
その他多数のミュージシャンとの共演を通じて、高い評価を得ている。
2001年には「NHKセッション505」に出演。
同年より川嶋哲郎氏との全国ツアーに参加。2003年多田誠司(sax)氏のツアーに参加。2007年よりRandy Johnston氏とのスプリング・ツアーを開始。
同年6月に渡米、N.Y.のジャズクラブ「Cachaca」にてNat Reeves (bass)と共演。Kenny Washington氏に師事。
2009年より東京・神田のジャズクラブTOKYO TUC「第二次ジャズ維新」プロジェクトの企画、出演。
同年、川嶋哲郎氏をフューチャリングした初のリーダーアルバム「Departure」(CMS)を発表。
2010年には川嶋哲郎氏によるアルバム「Days of Bird」(ポニーキャニオン)に参加。

2015年4月には2枚目のリーダーアルバム 
PEACE をリリースする
 
▲top
2018年6月14日(木) 
 
20:00〜 "Special Live" 谷口さとみ(Vo) 野本秀一(P) Duo Charge 2,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
谷口さとみ(Vo)
6歳よりピアノ、16歳より声楽を始め、音楽大学を卒業後ジャズに出逢い、
現在はジャズボーカリストとして、弾き語りプレイヤーとして、
イベントやライブなどで活動する。
クラシックピアノ・ソルフェージュを坂中浩子氏、坂中明子氏に師事。
ジャズピアノヴォーカルを野本秀一氏に師事。
そのリズムセンスの素晴らしさ、 ナチュラルな歌声、楽器としての声の魅力が、
各地で好評を博す注目のボーカリスト。
 
▲top
2018年6月15日(金) 
 
20:00〜 "JAZZ IN 熊本Presents Special Live" Very Glamorous Tour 大西順子トリオ 大西順子(pf) 井上陽介(b) 高橋信之介(ds) 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 6,500yen ※1drink付 [Jazz][special] #Sold Out
大西順子:ピアニスト

1967 年 4 月 16 日、京都生まれ。東京に育つ。

1989 年、ボストン、バークリー音楽大学を卒業、ニューヨークを中心にプロとしての活動を開始し、
べティ・カーター(vo)、ジョー・ヘンダーソン(ts)、ジャッキー・マクリーン(as)、 ミンガス・ビック・バント、ミンガス・ダイナスティらと共演する。

1993 年 1 月、デビュー・アルバム『ワウ WOW』を発表。大ベストセラーとなり、同年のスイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞日本ジャズ賞を受賞。

1994 年 4 月、セカンド・アルバム『クルージン』が米国ブルーノートより発売される。

5 月、NY の名門ジャズ・クラフ“ビレッジ・バンガード”に日本人として初めて自己のグループを率いて出演し、1 週間公演を行う。
同公演を収録した、『ビレッジ・バンガードの大西順子』は、スイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞銀賞、出光音楽賞を受賞。
1995 年のスイングジャーナル誌読者投票では、<ジャズマン・オブ・ジ・イヤー>をはじめ、<アルバム・オブ・ジ・イヤー><コンボ><ピアノ>の 4 部門を受賞。
人気実力ともに日本ジャズ・シーンのトップに昇りつめる。
その後日本のジャズの牽引者として縦横無尽の活躍を果たし、近年の本格的な女性ジャズ・ミュージシャン・ブームの先駆けともなるが、
2000 年 3 月の大阪公演を最後に突然の長期休養宣言。

そして 2007 年、多くを語らず活動再開。
かつての力強く、グルーブ感あふれるプレイに加えて、繊細さも兼ね備えたダイナミズムあふれる演奏は、大きな話題を呼ぶ。
2009年7月、実に11年ぶりのアルバム『楽興の時/Musical Moments』よりリリース。
11 月にはベルリン・ジャズ・フェスティヴァルに自己のトリオで出演。

2010 年 2 月、『楽興の時』がフランスにてリリース。
3 月には、ユニバーサル移籍第一弾と なる新作『バロック』を、かつてプロとしてのキャリアをスタートさせたニューヨークでレコーディング。
同世代のファーストコールのミュージシャンをずらりと揃え、ダイナミックでリッチなアコースティック・ジャズ・サウンドを存分に披露。
この作品は全世界発売され、米ジャズ雑誌でのポール獲得など、高い評価を得た。オーチャードホールでのCD 参加メンバーによる豪華なコンサートは大きな話題となる。

2012 年夏、突然の引退宣言。

2013 年9月、クラシックの祭典「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」へ出演。
小澤征爾氏の猛烈な誘いに負け、一夜限りの復活とし出演を決める。
小澤征爾率いるサイトウ・ キネン・オーケストラと大西順子トリオの共演は、この夏の大きな話題となり、素晴らしい 反響を呼ぶ。

2015 年 9 月、東京JAZZ へ出演。
日野皓正&ラリー・カールトン SUPER BAND のサポート・メンバーとして出演し、その圧倒的な存在感でシーンに復帰を飾る。
2016年6月、菊地成孔プロデュースによるニューアルバム「Tea Times」をリリースする。
 
▲top
2018年6月23日(土) 
 
20:00〜 "音宵(otoyoi)" 19:45〜Open/20:00〜Start Charge 2,000yen(1drink付) ※要オーダー [Acoustic][event]
出演:杏仁さっこ/りんご組/daiki/daiki&shion / and more…

音宵(otoyoi)→http://otoyoi.good-air.com/

 
▲top
2018年6月28日(木) 
 
20:30〜 "Live & Session" 池福 大(Cl) Yanagi(P) Duo Charge 1,000yen [Jazz][3セット]
 
▲top
2018年6月29日(金) 
 
19:30〜 "Special Live" 山添ゆか(Vo) with 稲屋 浩(Ts) 井野アキヲ(Gt) 中瀬 亨(B) 19:30〜1st 21:00〜2nd Charge 3,900yen(前売)/4,400yen(当日) [Jazz][special]
山添ゆか
兵庫県出身 大阪在住
ブラスバンド、吹奏楽でトランペットを担当。 そのあと暫く音楽から遠のく
普通の主婦から一転
三歳の娘と同時に始めたクラッシックピアノから
二年後、音符の読みもままならない状態でジャズピアノに転向。
ひたすらジャズピアノにハマった10年の年月を経て、またそこから一転!
2007年ジャズボーカルに転向する
2011年浅草ジャズコンテストで金賞受賞
2015年神戸新開地ジャズヴォーカルコンテストグランプリ受賞
同年アメリカ、シアトルのジャズクラブJazzAlleyにて海外デビューを果たす
数々のメディアにも出演
今では、関西のみならず、東京、名古屋、九州、沖縄他、全国で活動中!
2014.8月デビューアルバム”My Color”を発売
大好評の売れ行きで、1000枚瞬く間にに完売。
大きくメディアにも取り上げられる。
2018.4.25ミスターケリーズレーベルよりセカンドアルバムリリース決定!!
「East Color」「West Color」それぞれ東京のメンバー、大阪のメンバーと分けた二枚のミニアルバムをリリース
「West Color 」にはタレント・ミュージシャンの円広志さん作詞作曲のオリジナルソングを山添ゆかの為に書き下ろした曲を収録
 
▲top