熊本のお食事と音楽を楽しめるお店 LIVE & DINING 酔ing -Swing-

LIVE&DINING BAR 酔ing-Swing-
スペシャルライブ情報
ライブスケジュール
イベント企画その他
最新情報ブログ
お店ご案内



Google Map
グーグル地図


 酔ing スケジュール # Live 20:30〜 21:30〜 22:30〜 (3ステージ)
(日曜定休、Liveの無い日の22:00以降、またはLive終了後はステージを開放しております)

■Special Live ■Live ■Open ■Close 
 2019年 
 1月 
 2月 
 3月 
 4月 
 5月 
 6月 
 7月 
 8月 
 9月 
 10月 
 11月 
 12月 
1
20:30〜
渡辺隆介(Gt) Trio, 荒木卓也(B) 吉田光見(Ds) Charge 1,500yen ※要オーダー [Weekend Jazz][3セット]
2
18:00〜0:00
通常営業 Table Charge 700yen
3
20:00〜
"Special Live" 中野幸代(Vo) 園田智子(P) Duo Charge 2,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
4
臨時休業
5
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
6
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
7
20:30〜
谷口さとみ(Vo) 野本秀一(P) Duo Charge 2,000yen ※要オーダー [3セット][Weekend Jazz]
8
20:00〜
"堤 智登(Ts) Farewell Party Live" 園田智子(P) ナナ(B) 武石想史(Ds) /Beauties Of Nature/ Charge 1,800yen ※要オーダー [Jazz][event]
9
貸切パーティー
10
定休日
11
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
12
20:00〜
池上栄次郎(B) "16Beat Session" 前田慎弥(Gt) 森 繭子(P) 川端敏宏(Ds) Charge 1,000yen ※要オーダー (課題曲有 詳細をご覧ください)
13
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
14
20:30〜
"酔ing Jam Session Day" 野本秀一(P) 古荘昇龍(B) Duo Charge 1,500yen※要オーダー [Jazz]
15
20:00〜
Kan Sano(P) Ghost Notes Tour 熊本公演
16
18:00〜0:00
通常営業 Table Charge 700yen
17
20:00〜
"Special Live" 奥村和彦(P) 西田千穂(Vo) Duo Charge 2,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
18
臨時休業
19
19:30〜
"Special Live" THE J.MASTERS Tour 2019 峰 厚介(Ts) 向井滋春(Tb) 原 朋直(Tp) 野力奏一(P) 鈴木良雄(B) 奥平慎吾(Ds) 18:30〜Open/19:30〜Start Charge 6,500yen(1D付) 主催;JAZZ In Kumamoto [Jazz][special]
20
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
21
20:00〜
"Special Live" 深水 洋(Ds) Trio, 園田智子(P) 荒木卓也(B) Charge 3,000yen ※要オーダー [Jazz][special]
22
19:30〜
"Special Live" 井上陽介(B) 『NEW STORIES』 発売ライブ 武本和大(P) 濱田省吾(Ds) 18:30〜Open/19:30〜Start Charge 4,000yen(前売)/4,500yen(当日)/2,000yen(学割) [Jazz][special]
23
臨時休業
24
定休日
25
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
26
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
27
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
28
19:30〜
"Daichi Kanno Piano Solo" Guest;CO2(Vo) 19:00〜Open/19:30〜Start Charge 2,500yen/2,000yen(学割) [Jazz/Pops][event]
29
20:00〜
橋本祐二(Ts) Quintet, 田上ショータ(Tp) 野村 綾(P) 明日正就(B) 武石想史(Ds) Charge 1,500yen [Jazz][2セット][event]
30
20:00〜
"酔ing Sunday Session" 中田 博(Ts) 明日正就(B) 有田正博(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッションStart Charge 1,000yen ※要オーダー [Jazz]


2019年6月1日(土) 
 
20:30〜 渡辺隆介(Gt) Trio, 荒木卓也(B) 吉田光見(Ds) Charge 1,500yen ※要オーダー [Weekend Jazz][3セット]
渡辺隆介
ジャズギタリスト
1983年11月10日熊本県生まれ。

野本秀一(Pf)氏 ・ 岡安芳明(Gt)氏に師事し、2011年にプロ入り。

2018年4月 
デビューアルバム「BLUE SOUL」をWhat's New Recordsより全国発売。

「しっかりとしたテクニックと素晴らしい歌心、そこに独自のブルース・フィーリングも兼ね備えた魅力的なギタリストだ」 

「多彩なテクニックで達者なプレイを聴かせる正統派ジャズ・ギタリスト」

Jazz Japan誌より

「ケニー・バレル〜岡安の流れを汲んだ渡辺のギターは見事に洗練されている」

Jazz Life誌より




使用ギター

Gibson L-5C 1966年製
Pick up Dearmond #1100
 
▲top
2019年6月3日(月) 
 
20:00〜 "Special Live" 中野幸代(Vo) 園田智子(P) Duo Charge 2,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
中野幸代
福岡県出身。
宝田明芸術学院、マーサ三宅ヴォーカルハウス、NHKプロモートサービスを経て、
Jazz VocalistとしてLiveを中心にコンサート・イベント・パーティなど多方面で活躍中。
芝居ではNHK「徳川家康」「夕暮れて」 舞台「うしろ姿のしぐれてゆくか」その他に出演。
2000年にファーストCD「Bewitched」巨匠 Hank JonesのPianoトリオにてリリース。
その後、Hank Jones氏とLive共演やテレビ「Have you met Mr. Hank Jones?」(大阪朝日テレビ)に出演している。
その他、Slide Hampton(Tb) ジョージ川口(Dr)など多くのミュージシャンと共演。
そして2000年、中野幸代写真集「Angle」(撮影:木戸征治)も出版し、活躍の場を更に広げている。
また2008年、「What A Diff'rence A Day Makes」〜輝く出会いの時に〜をリリースし
東京を中心に札幌・青森・名古屋・京都・大阪・福岡・沖縄など全国LiveハウスにてCD発売記念Liveを行っている。

また2008年(リメイク盤SACDバージョンは、2010年に)、「What A Diff'rence A Day Makes」〜輝く出会い の時に〜をリリースし
東京を中心に札幌・福岡・名古屋・大阪など全国的にCD発売記念Liveを行う。
2016年10月、jazzでリラックスした時間を〜と「大人ゆったりjazz」をリリース。
独自のサウンドに好評を得、現在発売記念ツアーを福岡、名古屋、札幌など、全国的に広げている。

独特なハスキーヴォイスで、支持を受けている
 
▲top
2019年6月7日(金) 
 
20:30〜 谷口さとみ(Vo) 野本秀一(P) Duo Charge 2,000yen ※要オーダー [3セット][Weekend Jazz]
谷口さとみ(Vo)
6歳よりピアノ、16歳より声楽を始め、音楽大学を卒業後ジャズに出逢い、
現在はジャズボーカリストとして、弾き語りプレイヤーとして、
イベントやライブなどで活動する。
クラシックピアノ・ソルフェージュを坂中浩子氏、坂中明子氏に師事。
ジャズピアノヴォーカルを野本秀一氏に師事。
そのリズムセンスの素晴らしさ、 ナチュラルな歌声、楽器としての声の魅力が、
各地で好評を博す注目のボーカリスト。
 
▲top
2019年6月12日(水) 
 
20:00〜 池上栄次郎(B) "16Beat Session" 前田慎弥(Gt) 森 繭子(P) 川端敏宏(Ds) Charge 1,000yen ※要オーダー (課題曲有 詳細をご覧ください)
 
▲top
2019年6月15日(土) 
 
20:00〜 Kan Sano(P) Ghost Notes Tour 熊本公演
■ 日程 2019. 6. 15 (sat.)
■ 会場 Live & Dining Bar 酔ing ( 熊本市中央区花畑町10-10 中山ビル 2F )
■ 時間 OPEN 19:00 / START 20:00
■ 料金 adv. 3,500円 (+1drink)
■ チケット https://t.livepocket.jp/e/cijh3
■ INFO. LONGSIXBRIDGE
 
▲top
2019年6月17日(月) 
 
20:00〜 "Special Live" 奥村和彦(P) 西田千穂(Vo) Duo Charge 2,500yen ※要オーダー [Jazz][special]
 
▲top
2019年6月19日(水) 
 
19:30〜 "Special Live" THE J.MASTERS Tour 2019 峰 厚介(Ts) 向井滋春(Tb) 原 朋直(Tp) 野力奏一(P) 鈴木良雄(B) 奥平慎吾(Ds) 18:30〜Open/19:30〜Start Charge 6,500yen(1D付) 主催;JAZZ In Kumamoto [Jazz][special]
ジャズ史上に輝く究極のモダンジャズナンバーを
演奏するというコンセプトのもとに結成された
スペシャルユニットであり、
究極のモダンジャズナンバーを聴くには
この6名の日本ジャズ界の巨匠をおいて他なりません。
この新しい時代にこそ、生き生きとして輝くジャズとして
次世代に残してゆきたい
究極のモダンジャズナンバーの演奏は
多くのジャズファンに支持されており、
唯一無二のこの個性的なミュージシャンによる
超絶技巧な即興演奏の醍醐味は
聴くものの心を揺さぶります。
老若男女問わずお楽しみいただける
唯一無二のジャズバンドを心よりお楽しみください。
 
▲top
2019年6月21日(金) 
 
20:00〜 "Special Live" 深水 洋(Ds) Trio, 園田智子(P) 荒木卓也(B) Charge 3,000yen ※要オーダー [Jazz][special]
深水洋
1954年3月18日熊本市で誕生。
13歳でDrumsと出会う。
14歳の頃、当時ご近所だった山木秀夫氏にドラムの基礎、一つ打ち、二つ打ちを学ぶ。
15歳でJazzにのめり込む。
高校卒業後、航空自衛隊音楽隊に入隊、そこで徹底的にStick Control叩き込まれる、
と同時期に猪俣猛氏に出会い、猪俣氏の音とブラシワークを学ぶために同氏に師事をする。
25歳でプロ入り。
Jazz・Pops・ラテン・歌謡曲・シャンソン・童謡など多くの歌手のバック、ミュージカル(劇団四季その他)、スタジオ等の仕事の一方、
都内Jazzライブハウス、Jazzクラブ等で精力的にライブ活動を展開。
プロ生活24年目にして、初のリーダーアルバム《Smoke Rings》を発表。
2005年より、講師としても活動。
後進の指導には良い音、良いビート、そしてドラマーの前に良いミュージシャンであれ!を念頭に成果をあげている。
2009年 2枚目のリーダーアルバム《深水洋&His Friens》を、ウナマスレーベルよりを発表。
同じく2009年にピアニスト山下洋輔氏の実妹の真理子さん(Vo)のアルバム《Memory Is A Funny Thing》にて、洋輔氏、ベース紙上理氏とともに参加。
2011年には、渾身のドラムソロ・アルバム《Everything for Drums》を発表。
2015年 3枚目のリーダーアルバム《Hiroshi Fukamizu Quartet+One Back Light》を発表。
山下洋輔氏 曰く「シンバルレガート 特にブラシワークには定評がある!」
 
▲top
2019年6月22日(土) 
 
19:30〜 "Special Live" 井上陽介(B) 『NEW STORIES』 発売ライブ 武本和大(P) 濱田省吾(Ds) 18:30〜Open/19:30〜Start Charge 4,000yen(前売)/4,500yen(当日)/2,000yen(学割) [Jazz][special]
Yosuke Inoue/Jazz Basist:Composer
1964年7月16日、大阪生まれ。大阪音楽大学作曲科卒。
在学中よりプロとして活動を開始。
上京後、日野元彦、佐藤允彦らのグループを経て91年よりニューヨークを拠点に活動。
日野皓正、ハンクジョーンズ、穐好敏子等と共演する。
92年にニューヨーク在住の若手ミュージシャン奥平真吾、池田篤、井上智、大野智子らと共に「インサイド・アウト」を結成。
CD「ビーフリーアンドストロング」発表と同時にNYのブルーノート、スイートベイジルなどに出演する。
95年には椎名豊、ロイ・ハーグローブと共に「ジャズ・ネットワークス」のレコーディングに参加。
97年にはニューヨークの若手ミュージシャンと共に録音した自身のリーダーアルバム「スピークアップ」を発表。
日本全国をツアーしたほかNYのカーネギーホールでも演奏する。
98年にはハンク・ジョーンズ、ベン・ライリーとともにグレートジャズトリオのCD「What’s New」のレコーディングに参加。
エイブラハム・バートン、マット・ウィルソン、ドンフリードマンなどのグループでNYの「スイートベイジル」などの各ライブハウスでの演奏やヨーロッパツアーなど国際的に活動。
ほかに共演したミュージシャンはデューイ・レッドマン、リー・コニッツ、デイブ・リーブマン、ジャック・ウィルキンス、サイラス・チェスナット、エディ・ダニエルズなど多数。
日本では2006年まで辛島文雄トリオのレギュラーベーシストを7年つとめる。
2002年2月にはニューヨークで共演しているミュージシャンとの異なる3種のデュオを収めた自身3枚目のアルバム「Peace」(M&I)を発表。
朝日新聞の「今月の10枚」に選定されるなど高い評価を得ている。
2004年には活動の拠点を日本に移し、2005年9月には自身4枚目のリーダー作となる
「Back To The Groove」(M&I)を発表し石井彰(P)小山太郎(DR)からなるトリオで演奏活動を行う。
2007年10月には多田誠司(SAX)納谷嘉彦(P)大坂昌彦(DR)で編成されたグループで録音した5枚目のリーダー作となる「Straight Ahead」がリリース。
2009年には小曽根真、渡辺香津美、川嶋哲郎、大坂昌彦によってレコーディングされた6作目のアルバム「LIFE」を発表。
2014年には5年ぶりの自身7枚目のアルバム「Good Time」を秋田慎治(P)荻原亮(G)江藤良人(DS)丈青(P)らと録音し10月にリリースされ
全国ライブハウス、コンサートホールで演奏活動を行い好評を得る。
好評を受け2017年1月には同メンバーで8枚目のアルバム「Good Time Again」をリリース。2019年には若手の俊英、武本和大(P)濱田省吾(Ds)と共に録音したピアノトリオ作品「New Stories」をリリース。
またフィル・ウッズ、トム・スコットなど海外からの来日するアーティストとの共演も多い。
2007年度(第57回)2008年度(第58回)のスイングジャーナルの人気投票で1位になるなど、各種の人気投票で常に上位にランクされる。
また沖縄在住の安富祖貴子のアルバム「魂」(2006年)「マブイのうた」(2007年)ではプロデューサーを担当。
2006年のスイングジャーナル誌「企画制作賞」「ニュースター賞」などを受賞する。
2015年には平賀マリカの「Mandelcini」のプロデュースを行う。
2015年まで大野雄二&ルパンティック5のメンバーとして活動。
現在、自己のグループの他、塩谷哲トリオ、渡辺香津美ジャズ回帰プロジェクト、大西順子トリオ、などのメンバーとして活動。
その他、TOKU、小沼ようすけ、小曽根真などのジャズミュージシャンとのセッションの他、絢香、佐藤竹善、Superfly、May J.JUJUなど
ポップスの数々のセッションに参加し日本のみならず海外でも精力的に活動。
またマット・ウイルソン・グループやティム・アマコスト・グループの一員でアメリカやヨーロッパでも活動を続ける。
 
▲top
2019年6月28日(金) 
 
19:30〜 "Daichi Kanno Piano Solo" Guest;CO2(Vo) 19:00〜Open/19:30〜Start Charge 2,500yen/2,000yen(学割) [Jazz/Pops][event]
 
▲top
2019年6月29日(土) 
 
20:00〜 橋本祐二(Ts) Quintet, 田上ショータ(Tp) 野村 綾(P) 明日正就(B) 武石想史(Ds) Charge 1,500yen [Jazz][2セット][event]
 
▲top