熊本のお食事と音楽を楽しめるお店 LIVE & DINING 酔ing -Swing-
swing-live.jp"

ライブ予定

  • HOME »
  • ライブ予定
■Special Live ■Live ■Open ■Close 
 2020年 
 1月 
 2月 
 3月 
 4月 
 5月 
 6月 
 7月 
 8月 
 9月 
 10月 
 11月 
 12月 
1
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
2
20:00〜
中田 博(Ts) Trio, 藤井木ノ実(P) 森本克明(B) Charge 1,200yen ※要オーダー [3セット][Weekend Jazz] ※店内の混雑を避けるため20名様までに入場を制限いたします。
3
20:00〜
橋本祐二(Ts) Quintet, 野村 綾(P) 吉永タツヤ(Gt) Hisasshi(B) 武石想史(Ds) Charge 1,500yen ※要オーダー [Jazz][event] ※店内の混雑を避けるため15名様くらいまでに入場を制限いたします。ご予約優先とさせていただきます。
4
18:00〜
"酔ing Sunday Session" 中田 博(Ts) 明日正就(B) 有田正博(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッション Charge 1,000yen ※要オーダー [Jazz]※店内の混雑を避けるため20名様までに入場を制限いたします。
5
19:30〜
"音楽で人を笑顔に"プロジェクトin熊本 田尻大喜(Tp) 小崎友也(Tp) 乙藤健太(Perc) 菅野大地(P) 河野友哉(Gt) 19:00〜Open/19:30〜Start Charge 2,000yen ※要オーダー [event] ※20名様限定とさせていただきます。
6
臨時休業
7
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
8
20:00〜
伊藤琢真(As)Quartet, 佐藤光希(P) 壹岐那由多(B) 後藤 司(Ds) Charge 1,000yen/500yen(学割) ※要オーダー [Jazz][event]
9
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
10
20:00〜
野本秀一(P) Trio, 荒木卓也(B) 木村好来(Ds) Charge 2,000yen [3セット][Weekend Jazz] ※店内の混雑を避けるため20名様までに入場を制限いたします。
11
20:00〜
"酔ing Sunday Session" 藤井木ノ実(P) 森本克明(B) 武石想史(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッション Charge 1,000yen ※要オーダー [Jazz] 店内の混雑を避けるため20名様までに入場を制限いたします。
12スポーツの日
定休日
13
19:00〜
江藤良人(Ds) Special Quartet 類家心平(Tp) 後藤浩二(P) 丹羽 肇(B) 18:00〜Open/19:00〜Start Charge 4,000yen(前売)/4,500yen(当日)/2,500yen(学生) [2セット][special][Jazz]
14
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
15
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
16
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
17
20:00〜
"Jam Session" オキモトケンジ(P) Hisasshi(B) 吉田光見(Ds) Charge 1,000yen ※要オーダー [Weekend Jazz] ※店内の混雑を避けるため20名様までに入場を制限いたします。
18
18:00〜0:00
通常営業 Table Charge 700yen
19
定休日
20
20:00〜
"Special Live" Gene"Ess"Shimosato(Gt) Japan Tour 2020 David Bryant(P) 安カ川大樹(B) Gene Jackson(Ds) 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,500yen(前売)/4,000yen(当日) ※要オーダー [Jazz][special] ※20名様限定とさせていただきます。
21
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
22
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
23
20:00〜
野本秀一 Solo Piano Live Charge 2,000yen [3セット][Weekend Jazz] ※店内の混雑を避けるため20名様までに入場を制限いたします。
24
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
25
20:00〜
"Special Live" 森永哲則(Ds) Quartet 九州ツアー 竹内 直(Ts) 松本圭使(P) 小澤基良(B) 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,000yen ※要オーダー [2セット][Jazz][special]
26
定休日
27
臨時休業
28
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
29
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
30
19:30〜
通常営業 Table Charge 700yen
31
20:00〜
玉川健一郎(Vo) 野本秀一(P) Duo Charge 2,000yen ※要オーダー [Weekend Jazz] ※店内の混雑を避けるため20名様までに入場を制限いたします。


2020年10月2日(金) 
 
20:00〜 中田 博(Ts) Trio, 藤井木ノ実(P) 森本克明(B) Charge 1,200yen ※要オーダー [3セット][Weekend Jazz] ※店内の混雑を避けるため20名様までに入場を制限いたします。
中田 博(Tenor Saxophone)
熊本県出身、熊本市在住。
熊本市中心街地活性化プロジェクト、Strret Art-Plex Kumamoto にて毎年開催されている「JAZZ OPEN」のチーフプロデューサーを努めている。
熊本シティエフエム「しろひのBaby Talk Jazz Study」番組パーソナリティーを務め、演奏だけでなく活動は多岐にわたる。
2009年、自己レーベルFelidae's Recordsより、初アルバム「Tiny Purple」を発表。
北九市立大学ジャズ研 K&K 出身。
 
▲top
2020年10月3日(土) 
 
20:00〜 橋本祐二(Ts) Quintet, 野村 綾(P) 吉永タツヤ(Gt) Hisasshi(B) 武石想史(Ds) Charge 1,500yen ※要オーダー [Jazz][event] ※店内の混雑を避けるため15名様くらいまでに入場を制限いたします。ご予約優先とさせていただきます。
 
▲top
2020年10月4日(日) 
 
18:00〜 "酔ing Sunday Session" 中田 博(Ts) 明日正就(B) 有田正博(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッション Charge 1,000yen ※要オーダー [Jazz]※店内の混雑を避けるため20名様までに入場を制限いたします。
 
▲top
2020年10月5日(月) 
 
19:30〜 "音楽で人を笑顔に"プロジェクトin熊本 田尻大喜(Tp) 小崎友也(Tp) 乙藤健太(Perc) 菅野大地(P) 河野友哉(Gt) 19:00〜Open/19:30〜Start Charge 2,000yen ※要オーダー [event] ※20名様限定とさせていただきます。
田尻大喜(桃尻大喜)

東京音楽大学 卒業

熊本県に生まれ10歳の頃、ケニア共和国に移住。
ケニア共和国にて、父の手ほどきを受けトランペットを始める。
都内を中心にオーケストラ、吹奏楽の客演を務める他、アーティストのサポート、アニメ、CMなどのレコーディング参加。
矢沢永吉、いきものがかり、miwa、SEKAINOOWARIなどのサポートなども行う。
またソリストとしての活動にも力を入れており、オーケストラ本全国で開催されるのソロリサイタルで好評を得る。
東アフリカ国際音楽コンクールインターミディエイト部門第二位に入賞。
日本青少年国際オーケストラ、カンボジア、ラオス、ルーマニアのツアーにソリストとして参加、世界遺産アンコールトムにて御前演奏を勤める。
2016年4月に起きた熊本地震の復興支援曲「YELL〜君と明日へと〜」を作曲。
同時に音楽による復興支援団体【YELL PROJECT FOR KUMAMOTO】を結成。
チャリティーコンサートを行い、「YELL〜君と明日へと〜」のCD売り上げを熊本への義援金として送る活動を続けている。
2017年自身初のソロアルバム「Just Sing A Trumpet」をリリース。
2017年12月ニューヨーク・マンハッタンにてソロコンサートを開催し、好評を得る。
2018年「JUST ONE WORLD PROJECT」を立ち上げ、世界中の音楽を聴けない子供達にライブを届ける活動を行なっている。
2019年 1月、10月にケニア共和国にて子供達に音楽を届けるツアーを行う。
 
▲top
2020年10月11日(日) 
 
20:00〜 "酔ing Sunday Session" 藤井木ノ実(P) 森本克明(B) 武石想史(Ds) 18:00〜Open/20:00〜セッション Charge 1,000yen ※要オーダー [Jazz] 店内の混雑を避けるため20名様までに入場を制限いたします。
 
▲top
2020年10月13日(火) 
 
19:00〜 江藤良人(Ds) Special Quartet 類家心平(Tp) 後藤浩二(P) 丹羽 肇(B) 18:00〜Open/19:00〜Start Charge 4,000yen(前売)/4,500yen(当日)/2,500yen(学生) [2セット][special][Jazz]
江藤良人 エトウヨシヒト 
1973年4月14日、三重県鈴鹿市生まれ。
10歳からドラムを始める。
'94年 土岐英史(as)セッションでデビュー。
'96年から辛島文雄(p)トリオへの参加、本格的にプロ活動を開始。
以後、池田芳夫(b)DADA、中本マリ(vo)グループ等に参加。
'98年、渡辺貞夫(as)バンドに参加。コンサート、テレビ、ラジオに多数出演。スイス・モントルー・ジャズ・フェスティバルに出演。
'99年 綾戸智絵(vo)“Friends”アルバム制作、ツアーに参加。
'02年、初リーダーアルバム『江藤良人/ANIMAL HOUSE』をリリース。
J-POPユニット“orange pekoe”のレコーディング、ツアーにも参加。
'03年、自己のグループ『a.t.m.』を結成。従来のジャンルにとらわれない方向性を追求。
'05年、故 Elvin Jones(ds)のトリビュートアルバムとして、2作目のリーダーアルバム『江藤良人/RAY』をリリース。
'06年〜'15年まで『ルパン三世』の音楽で知られる作曲家/大野雄二率いる“Yuji Ohno & Lupintic Five”に参加。
'11年、ギターサウンドを重点的に取り入れた3枚目のリーダーアルバム『江藤良人/Three-Act Play 』をリリース。
'12年、井上陽介(b)、田中邦和(ts)と『Karate Chops』を結成。ライブツアー、コンサートを継続中。
'15年、4枚目のリーダーアルバムとして待望の『Karate Chops』をリリース。
また、日野皓正(tp)、山下洋輔(p)、大西順子(p)、佐藤竹善(vo)、Lee Konitz(as)、Barry Harris(p)、Eddie Gomez(b)等と共演。
現在は自己のグループの他、井上陽介(b)カルテット、石井彰(p)トリオ、岡淳(ts)punch!、the EROS、NewYork=Tokyo Connection等に参加。
御茶ノ水NARUでの『江藤まつり』シリーズ、自由が丘Mellow Brown Coffeeライブ、
新進気鋭のミュージシャンを起用したリーダーセッションでは毎回高く評価されている。


柔らかくしなやかで、繊細さと力強さを兼ね備えたドラミングが人々を魅了する。
そこから生まれる心地良さ。聞き手はもとより、共演者にも絶大な信頼感をもたらす。
 
 
▲top
2020年10月20日(火) 
 
20:00〜 "Special Live" Gene"Ess"Shimosato(Gt) Japan Tour 2020 David Bryant(P) 安カ川大樹(B) Gene Jackson(Ds) 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,500yen(前売)/4,000yen(当日) ※要オーダー [Jazz][special] ※20名様限定とさせていただきます。
 
▲top
2020年10月23日(金) 
 
20:00〜 野本秀一 Solo Piano Live Charge 2,000yen [3セット][Weekend Jazz] ※店内の混雑を避けるため20名様までに入場を制限いたします。
1968年大分市出身、北九州市在住、ジャズピアニスト。
4才からピアノに親しみ中学よりバンドを始める。
九州大学JAZZ研究会にてJAZZにふれ、福岡市内のLive Houseに出演。
その後福岡のTV局に入社するが1994年よりプロとして独立。
数度の渡米を繰り返し研鑽を積む中で、
Jazzの王道を行くBe Bopに深く根差したそのプレイスタイルで国内外の数々のトップミュージシャンと共演してきた。
叙情味あふれる音楽性、Swingyで、そして言葉をしゃべる様な深みのあるピアノタッチはとても個性的。
時にJazz専門誌などでは「リリカル・バップ」などと讃えられる。
2003年より毎年行っている「野本秀一TRIOツアー」の他、岡安芳明(Gt)、田井中福司(Ds)、三槻直子(Vo)氏ら、
本邦を代表するミュージシャンとの定期的なツアーや、様々な音楽イベントのプロデュースなど、九州を拠点にしながら幅広い活動を行う。
また2007年より熊本市「酔ing」’16年より北九州市「カサブランカ」のJazz Clubを運営、多くの才能あるミュージシャンをプロデュースするJazz界のキーパーソンである。
Jazzの裾野を広げるための活動として、市民講座や、小中学校など教育機関での公演も多い。
過去に6枚のリーダーアルバムをリリース。
’97年、Yas岡山(Ds)「Hot Gritz」、井島正雄(B)「JACLA」に参加。
’99 ’00年 5月、福岡天神警固公園にてRKB毎日放送「Beat On The Street」を音楽プロデュース。
’02年、ファーストCD「At The Bar」をリリース。メンバーは井島正雄(B)、Yas岡山(Ds)。               
インディーズのJazzのCDとしては、異例のセールスを記録。
オリジナル曲「Bartender Blues」は、TVコマーシャルにも使用される。
’02 ’03年6月、熊本県天草、本渡市の海開きJazzフェスティバル「Jazzy Feeling」を音楽プロデュース。
’06年、Jazzドラムの歴史的な巨人ジミー・コブ、ピーター・ワシントン(B)と共に、N.Yの名門、ルディー・ヴァンゲルダー・スタジオにてレコーディング。
セカンドCD「Snapshot」としてWhat’s New Recordsより全国発売。自己のトリオによる京都、名古屋、東京など7ヶ所のツアー。                              
’06年より5年間、熊本全日空ホテルにてX’masディナーショー「野本秀一Trio Holy Night Jazz Concert」を行う。
’08年3月、「小林桂(Vo)with 野本秀一(P)Trio featuring 谷口英治(Cl)」ディナーショーを開催(熊本全日空ホテル)。
’10年、岡安芳明(Gt) 横山達治(Per)らトップミュージシャンを迎えた、クインテット編成の3rd CD「Now we’re Funkin’」をリリース。
’12年12月、NHK-FMの人気Jazz番組「セッション2012」に「野本秀一TRIO featuring 岡安芳明(Gt)」にて出演、全国放送。
’13年10月、自身4枚目のリーダー作として、「2012日本Jazzボーカル大賞」受賞の三槻直子氏との共作アルバム「Sweet Standards」を発表。
「スタンダードソングに新しい光を当てた正統的Jazz Vocalの名盤」として、新聞等で高く評価される。
’15年5月、自身5枚目のリーダー作として、岡安芳明(Gt)との共作Duoアルバム「The Feeling Of Jazz」を発表。日本を代表する名手2人の円熟したプレイは、Jazzメディア等で高く評価される。
’16年7月、NHK-FM「セッション2016」に、この年4月の熊本・大分の震災を経て、急遽2度目の出演依頼。
九州のJazzミュージシャンを代表して、この為に作曲したオリジナル曲、メッセージを全国に向け発信した。
’07〜’18年、北九州のJazzの祭典、北九州ミュージックプロムナード「〜Swingin’北九州〜Jazz Express」コンサート(at 井筒屋パステルホール)を主催。
’15〜’18年、熊本市水前寺公園にて行われた、「能楽堂お月見Jazzコンサート」に野本秀一Swing and Soulにて出演、音楽プロデュース。 
’19年、最新作、久しぶりのピアノトリオ作品「Blues On The Hill」をリリース。
丹羽肇(B)亀井俊児(Ds)のレギュラーメンバーによる録音盤。
Jazzの本質に迫る抜群のアンサンブル、正統派で落ち着いた、しかも情熱的なアルバム。
「一級品。ピアノトリオの逸品をお求めの方々に打ってつけの一枚」(Jazz Japan誌)「心浮き立つ円熟のピアノトリオ作品」(Jazz Life誌)と高い評価を得ている。
 
▲top
2020年10月25日(日) 
 
20:00〜 "Special Live" 森永哲則(Ds) Quartet 九州ツアー 竹内 直(Ts) 松本圭使(P) 小澤基良(B) 19:00〜Open/20:00〜Start Charge 3,000yen ※要オーダー [2セット][Jazz][special]
森永 哲則

1982年、熊本県八代市にて森永家の長男として生を受ける。

母親を除く全員がB型という家庭で育てられた為、人格形成の段階で不具合が生じる。

物心がついた頃より自分を中心に世界が回っていると錯覚。弱冠9歳(小学校3年)にして、中学生に絞められる。

何をやっても3日と続かない飽きっぽい性格ではあったが、15歳の時に出会ったドラムが唯一の例外となる。

ドラムセット購入の為、人生初のアルバイト(新聞配達)を経験。低血圧が災いして月2回のペースで遅刻する。先行きに不安がよぎる。

高校に入学した頃、我流のドラミングに限界を感じ、ヤマハ音楽教室に通い始める。
基本の大切さを思い知る。小学生にライバル意識を燃やす。

悪友・先輩の影響でハードコアにハマる。

色気づいてパーマ(ツイスト)をかけてみるも失敗。天パと相まってアフロヘアーに変貌する。

高校卒業と同時に上京。ドラマーとしてのスキルを磨く為に、音楽専門学校メーザーハウスにて三砂和照氏・菅沼孝三氏に師事する。

それなりに叩けるつもりでいた自分が、思いのほか下手クソだったことを知る。

少しずつ世界の中心軸が傾き始める。

在学2年間の間に、大幅な遅れを取り戻すべく練習に練習を重ね、様々な音楽スタイルの基礎を確立する。

卒業後、ジャズドラマー小山太郎氏との出会いがきっかけで、ジャズに開眼。小山氏のボーヤ(付き人)に志願する。

ドラマーとしての音楽的指導は勿論のこと、人間としての欠陥を補うべく様々な教育を施される。

二十歳を過ぎてようやく、世界は自分を中心に回っていない事を悟る。

長きに渡りボーヤをやっていたが、なあなあになっていた自分を見かねた師匠より『独り立ちしろ!』と強制解雇される。免許皆伝という事にしておく。

それを期にようやくプロ活動を開始。プレイスタイルはジャズ を軸として、ラテンからファンク、ポップスまでオールラウンドに様々なジャンルをこなす(こなしたい)。
 
▲top
2020年10月31日(土) 
 
20:00〜 玉川健一郎(Vo) 野本秀一(P) Duo Charge 2,000yen ※要オーダー [Weekend Jazz] ※店内の混雑を避けるため20名様までに入場を制限いたします。
玉川健一郎

「玉ちゃんは出会った時から現在(いま)に至るまでボクの遥か先を行く歌い手だ」 近藤房之助

ブルース界の大御所も絶賛するシンガーは北海道出身。
学生時代、近藤房之助らと出会いブルース、R&Bを歌い始める。
2004年頃から日本を代表するバップピアニスト、故・福居良との出会いをきっかけにジャズへ傾倒。
その後、福居を通じてジャズレジェンド、バリー・ハリスに師事する。
福居の下で磨かれたジャズスピリット、バリー・ハリスとの出会いから学んだ繊細な歌心を併せ持つと評される。
札幌のjazz spot「Slow Boat」を拠点に東京、大阪、名古屋、仙台、福岡など全国へ活動の範囲を広げている。
2018年6月、ファーストCD『ON A SLOWBOAT』を発表。

これまでに共演したジャズプレイヤーたちは、
福居良、バリー・ハリス、佐山雅弘、竹下清志、野本秀一、南山雅樹、竹田一彦、西山満、
岡田勉、小杉敏、金子健、丹羽肇、江藤良人、高橋徹、横山和明、森剣治、小濱安浩など多数。

Official website
https://kenichirotamagawa.amebaownd.com/
 
▲top
PAGETOP
Copyright © LIVE & DINING 酔ing -Swing- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.