熊本のお食事と音楽を楽しめるお店 LIVE & DINING 酔ing -Swing-

LIVE&DINING BAR 酔ing-Swing-
スペシャルライブ情報
ライブスケジュール
イベント企画その他
最新情報ブログ
お店ご案内



Google Map
グーグル地図


キーワード  年  
2018年5月12日
 
18:30〜 『Love in City 2018 熊本 /Love cover Loves 鈴木トオル LIVE』 18:00〜Open/18:30〜Start Charge 4,000yen(前売)/4,500yen(当日) ※要オーダー [event]
『Love in City 2018 熊本 /Love cover Loves 鈴木トオル LIVE』
日にち:2018年5月12日(土)
時間:開場18時/開演18時半
出演:鈴木トオル(Vo.g)
会場:酔ing(スイング)
(〒860-0806 熊本市中央区花畑町10-10 中山ビル2階)
料金:前売り\4000/当日\4500
(共にドリンク別)
会場直接のお問い合わせフォームよりご予約も承ります。
http://swing-live.jp/  
tel 096-356-2052(18:30以降)
(氏名、ご連絡取れやすいお電話番号、ご希望人数をお忘れなくお願いします)

 
▲top
2018年5月18日
 
20:00〜 玉城ちはる(Vo,P)10周年ツアー〜笑って泣いて、またわらう〜★玉城ちはる×NOBU BAND 2マンライブ 19:30〜Open/20:00〜Start Charge 3,000yen(前売)/3,500yen(当日) [event]
玉城 ちはる(たまき ちはる、1980 年 4 月 19 日 )浅井企画所属。
広島県育ちの日本の歌手、タレント、コメンテーター、非常勤講師、社会活動家。
映画、CM 音楽制作。コメンテーターとして活動をスタートし数多くの CM に出演。映画音楽、ドラマの楽曲提供をはじめ、ナレーションドラマ音楽を手がける。

1980年生まれ。広島県出身。
大学進学時に父が自殺で他界し、進学を断念。このことがその後の人生に大きな影響をもたらす。19歳で上京、音楽や芸能活動を始める。
24歳の時偶然の出会いから中国人留学生の面倒をみることになる。その後「自身に出来る社会貢献」としてアジア地域の留学生支援活動「ホストマザー」を10年間継続、
36名の留学生を送り出し、その模様がNTV系「24時間テレビ」やNHKなどで取り上げられる。
2014年1月この10年間の「ホストマザー」の活動が認められ、公益財団法人日本ユースリーダー協会 第5回「若者力大賞〜ユースリーダー賞〜」を受賞。
現在、ホストマザーの経験を生かし全国の小中学校・高校・大学にて「命の参観日」という講演を多数行っている。
また、広島出身という事もあり平和活動への意識が高く、2009年からeachfeelings(現「一般社団法人EACH」)を設立、理事を務める。
広島・長崎を中心に平和イベントやボランティア活動を行っている。
さらに「自殺防止」「異文化コミュニケーション」「世界平和」をテーマに人権講演に呼ばれることも多い。
2011年から広島安田女子大学にて非常勤講師(異文化コミュニケーション論)を担当している。
執筆活動にも積極的で、2012年には自身初となる『エッセー集〜風になれば〜』(本分社刊)を発売。
2014年9月24日、初のフルアルバム『私は生きてる』にてテイチクエンタテインメントタクミノートよりメジャーデビュー。
2015年8月には、自他ともに認める無類の餃子好きという事で、女性目線による餃子愛の詰った餃子店ガイドブック+α『餃子女子』(ラトルズ刊)を発売。ベストセラーになる。
読むと餃子が食べたくなる!と話題になりAmazonランキング(8/26付)レストランガイド1位を獲得。
NTV「ヒルナンデス!」/CX「ノンストップ」/TBS「王様のブランチ」/リクルート メシ通/日経MJ/東京カレンダー/全国のタウン誌など様々なメディアにて取り上げられる。
 
▲top
2018年6月2日
 
20:30〜 橋本祐二(Ts) Quintet, 野村 綾(P) 吉永タツヤ(Gt)ナナ(B) 武石想史(Ds) Feat. 末永雅伸(Vo) [Jazz][2セット][event]
 
▲top
2018年6月5日
 
19:30〜 "よしむらさおり(Vo) Acoustic Live Vol.2" Daichi Kannno(Pf) Tomotaka Yamasaki(Gt) 19:00〜Open/19:30〜Start Charge 2,500yen ※要オーダー [Pops][event]
よしむらさおりWebsite
http://yoshimurasaori.com


シンガーソングライター よしむらさおり
熊本県出身(鹿児島県在住) 幼少の頃より音楽に親しみ、5歳の頃にピアノを始める。
高校入学を機に本格的に声楽を学び、大学進学を機にドイツ歌曲などを中心にクラシック音楽の勉強を続け、
大学在学中に参加したボーカルオーディ ションをきっかけに本格的な音楽活動を開始。
独学で作詞・作曲を始め、その独特な世界感・言語感覚を活かし他アーティストへの楽曲提供も行う。
クラシックをバックグラウンドに持ち、透明感のあるナチュラルボイスで聴いてる人を魅了し、今現在、最も勢いのある新進気鋭のシンガーソングラ イターである。
2017年7月31日発売の1st album 二つのスカートの収録曲も詞・曲共に本人が手がけている。
日常生活を多方面から見つめ、時に皮肉を歌った歌詞と、透き通るような歌声のギャップが楽曲に説得力を与え同世代の女性や女子中高生に支持され ている。

 
▲top
2018年6月10日
 
19:30〜 池田芳夫(B) Workshop & Session 園田智子(P) 吉田光見(Ds) Charge 3,000yen/2,000yen(学生) ※要オーダー [Jazz/event]
池田芳夫(b)プロフィール
1942年1月1日大阪生まれ。
18歳の時より5年間大阪交響楽団の前野繁雄氏に師事。
23歳で上京。ゲイリー・ピーコック氏に師事。
大野雄二トリオ、佐藤允彦トリオ、渡辺貞夫カルテット、菊地雅章セクステット、日野皓正クインテット、高瀬アキとのデュオ、
藤川義明イースタシアオーケストラ、ジャズファクトリー、宮沢昭カルテット等を経て、現在は自己のカルテット、ベースソロ、
その他数多くのミュージシャンとのセッションで活動している。
<代表レコード>
日野皓正グループでの「藤」「ベルリンジャズフェスティバル」「ハートマンミーツ日野」
富樫雅彦グループでの「スピリチュアルネイチャー」
<リーダーアルバム>
「スケッチ・オブ・マイ・ライフ」
「風媒花」
「池田芳夫、高瀬アキ、エスプリ」
1990年 「芳・FRAGRANCE」
1992年 「GOATEE」
1996年 「PICTURESQUE」
1997年 「池田芳夫ベースソロ」
1998年 「DADA」
2001年 「SILHOUETTE DANCE」
2005年 「Recollection」(ベース=ボーカル デュオ)
2006年 「DADA 2」
2010年 「DADA 3」

その他多数のミュージシャンとの共演レコードあり。
日野皓正グループにて、ベルリンジャズフェスティバル(フィルハーモニーホール)、ニューポートジャズフェスティバル(カーネギーホール)に出演。
渋谷ヤマハにてジャズベースの講師。
 
 
▲top
2018年6月23日
 
20:00〜 "音宵(otoyoi)" 19:45〜Open/20:00〜Start Charge 2,000yen(1drink付) ※要オーダー [Acoustic][event]
出演:杏仁さっこ/りんご組/daiki/daiki&shion / and more…

音宵(otoyoi)→http://otoyoi.good-air.com/

 
▲top
2018年7月1日
 
18:00〜 "山田秀俊 Piano 弾き語り Solo Live" 18:30〜Open/19:00〜start Charge 3,000yen(前売)/3,500yen(当日) ※要オーダー [Pops][event]
山田秀俊(Piano,Chorus) Profile
1952年、3月23日生まれ、大分県出身。
70年代前半、”吉川忠英とHome Made”としてのバンド活動がきっかけで
間もなくStudio Workへシフトチェンジ。
この40年間の、ミュージシャンとしての活動は殆どスタジオレコーディングに限定。
80〜90年代は、多くのアイドル(松田聖子、中森明菜、小泉今日子、中山美穂...他)や
男性アーティスト(大瀧詠一、長渕剛、Sing Like Talking、浜田省吾、杉山清貴、さだまさし...他)
のレコーディングに参加。
また、CM(ディノス、日本たばこ、ミサワホーム...他)も手掛ける。
2000年以降は、Studio Sessionと並行して、作曲家としての活動も。Misia,Sweets,Candy他に曲を提供。
少しづつではあるが、ライブ活動も増えAB"sに加入。またツアーサポートは、森山良子、谷村新司...。
そして、テゴマス、Newsなどの若手アーティストのレコーディングでピアノメインのバラードが増える中
最も自分らしさがFeatureできたのは、Exileの”One Love”(Ballad Bestから)
この得意技の、バラード系のピアノが出まくりのライブが、2007年から参加している"鈴木トオル"ライブです。
ここで一緒に演ってる、Gtの江口君や、トオル君のLive Spritに触発されて、この初の
Solo Album制作未知の領域であるソロライブを決意したといっても過言ではない。
山田秀俊...スタジオ実績は有るが、巷では全く無名のこの初老ミュージシャンが
今回のSinger-Songwriterというスタンスでどこまで頑張れるか...?
 
 
▲top
2018年7月15日
 
19:00〜 井上衆人(P) & 古荘昇龍(B) Birthday Live Tommy(Tb) 古地克成(Ds) Charge 3,000yen(前売)/3,500yen(当日) [Jazz][event]
 
▲top
2018年8月17日
 
20:00〜 ''Live&Session'' 佐藤達哉(Ts) 園田智子(P) Duo Charge 3,000yen/2,000yen(学割) ※要オーダー [Jazz] [event]
 
▲top
検索結果: 計 9